記事

「山口メンバー」と「山口容疑者」に呼称が分かれたTOKIO山口達也へのマスコミ報道

1/2

 4月26日午後2時過ぎからAbemaTVでTOKIO山口達也さんの涙の会見を思わずリアルタイムで最後まで見てしまった。ジャニーズ事務所の“強面”顧問弁護士とされる矢田次男さんが本人の後ろで、もらい泣きしていたのが印象的だった。

 この事件、スポーツ紙など芸能マスコミを始め大きな報道がなされているのだが、多くの人が違和感をもったのが「山口達也メンバー」という呼称だろう。ネットでは結構大きな議論になっている。

 「○○メンバー」という呼称で思い出すのは、稲垣吾郎さんの事件の時のことだが、ジャニーズ事務所といえば「○○メンバー」という呼称が定着してしまった感がある。稲垣さんの事件の時は、テレビがジャニーズ事務所に配慮して「容疑者」呼称を避けたのではということで大きな批判があったが、今回も「これはジャニーズ事務所への忖度(そんたく)なのか」と思った人は多かったろう。

 ただ、今回は逮捕はなされておらず書類送検の事例だから、実は呼称をどうするかはなかなか難しい。ジャニーズ事務所でなければ「○○社長」などと社会的肩書をつけるケースではないだろうか。そもそも社会的影響力の大きいタレントだからこそこういう大報道になったわけで、一般人なら報道もなされないケースだから、当然、報道に当たっての扱いをどうするのかという問題が出て来ることになる。

 当初、テレビが「山口メンバー」と呼ぶのは、ジャニーズ事務所への忖度かと思ったが、4月26日の朝刊を見ると、朝日新聞や東京新聞含め新聞もほとんどが同じ呼称を使っている。報道現場は苦慮したのだろう。

読売新聞は「山口容疑者」と報道(筆者撮影。以下も)
読売新聞は「山口容疑者」と報道(筆者撮影。以下も)

 その中で話題になっているのは、在京紙では読売新聞だけが「山口容疑者 強制わいせつ」という見出しで、「容疑者」呼称を行っていたことだ。記事中も「山口容疑者」で統一しているから、読売新聞なりの判断によるものなのだろう。

 もうひとつ目についたのは「しんぶん赤旗」で、これも見出しが「TOKIO山口容疑者 強制わいせつ書類送検」だ。赤旗も独自性を貫いたかと思ったが、ただ記事中では「山口メンバー」という呼称にしている。

赤旗は見出しだけ「容疑者」呼称
赤旗は見出しだけ「容疑者」呼称

サンスポは見出しに小さく「メンバー」と
サンスポは見出しに小さく「メンバー」と

 スポーツ紙を見ると、サンスポは見出しに「TOKIO山口」と大きく掲げて、山口の文字に「メンバー」という表記を小さく被せるという表記。記事中は全て「山口メンバー」だ。

あわせて読みたい

「元TOKIO山口達也 強制わいせつ事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。