記事

大谷翔平 野球への姿勢は“まっすぐで素直な少年”のまま


【今でも15才の野球少年のまま(写真/アフロ)】

 手巻き寿司にカツカレー、抹茶チーズケーキ。今、米ロサンゼルスのエンゼル・スタジアムは、日本人の大好物が大谷翔平(23才)にちなんだメニューとして売られている。

 今シーズンからメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスの一員となった大谷は、すっかりチームの顔だ。球場には日に日に日本人の姿が増え、大勢の観客が大谷の勇姿を一目見るためにはるばる足を運んでいる。今や大谷が登場するだけで、観客たちは総立ちになって声援を送るのが定番になっている。グッズの売り上げも驚異的なレベルで、大谷の背番号17が入ったTシャツは人気ナンバーワンだ。

「“オータニサン効果”で昨年より観客は増えています。投手として勝利し、打者としてホームランを打つアンビリーバブルな活躍でロサンゼルスだけでなく全米が熱狂しています」(地元スポーツ紙記者)

 1994年生まれ、23才の「二刀流」が全米を席捲している。

 オープン戦では絶不調。マイナー降格危機すら報じられたが、開幕すると、戦前の心配はどこ吹く風。投げては2試合連続勝利、打っては3試合連続ホームランをかっ飛ばし、目の肥えた本場ファンの度肝を抜いた。

「開幕前には大谷選手に懐疑的だった現地のエンゼルスファンも、連日の活躍ぶりを見て『グレート!』と実力を認めはじめた。4月22日には、打線の要である“4番打者”も務めました。

 メジャーは遠征試合に伴う移動距離が長く、登板しない時もチームに帯同しなければならないため、日本のプロ野球に比べて肉体的疲労は計り知れないほど大きい。そんな中で“二刀流”をこなすのは常人離れしている。だからこそ、アメリカ国民も大谷選手を“野球の神様、ベーブ・ルースの再来”だと熱視線を送っているのです」(スポーツ紙記者)

 とりわけ印象的なのは、その表情の豊かさだ。大谷は常にはじけるような“笑顔”で野球を楽しんでいる。

「ホームランを打った後でハイタッチをおねだりしたり、チームメートにもみくちゃにされて子供のように喜ぶ姿に、『なんてキュートなんだ!』と全米がコロリ。これまでにない、新しいタイプの日本人スターが誕生しました」(同前)

◆今でも15才の野球少年のまま

 大谷は1994年、岩手県に生まれた。地元の花巻東高校に入学した15才の頃から8年以上にわたって彼を取材してきたスポーツライターの佐々木亨氏が言う。

「メジャーリーガーになった今でも、大谷選手の考え方や野球に取り組む姿勢は初めて会った15才の頃から変わっていない。純粋に野球が大好きで仕方ない、まっすぐで素直な少年のままです」

 大谷の「まっすぐで素直な心」を育んだのは、社会人野球で活躍した父と、バドミントンで国体出場した母だ。

「大谷家の教育方針は、“決断は本人に委ねる”というものでした。実際、幼稚園から続けていた水泳を小学5年生でやめて、野球一本に絞ったのも本人の決断です。親が口を出さずに子供の考えを尊重することで、大谷選手の“考える力”が養われました」(佐々木亨氏)

 地元の水沢リトルリーグで野球に全力投球する小・中学生時代を送った大谷。当時彼を指導していた水沢リトルリーグの佐々木一夫監督が当時を振り返る。

「1を教えると5を理解するような吸収力と、どんな格下の相手でも絶対に手を抜かず、全力を出すところが印象に残っています。一貫して野球に対して貪欲で、芯を持っている子だと感じました」

 中学卒業後の2011年、野球の強豪である花巻東高校に入学した。

「高校時代に恩師となる佐々木洋監督と出会い、目標設定の大切さを知りました。高校の先輩で現西武ライオンズのエース菊池雄星投手への憧れもあった大谷選手に対して、佐々木監督は『誰かを目指すとその人以上にならない。超えたいと思わないと、その人を超えることはできない』と諭した。そして、『お前なら絶対に160km出せる。そのために目標を163kmにしよう』と高い目標を設定して、野球に取り組ませました」(佐々木亨氏)

 大谷が高校時代に書いた自分の未来予想図には、「18才メジャー入団」の文字が躍っている。その言葉通り、大谷は高校卒業後、「即メジャー挑戦」を表明する。だが、それに北海道日本ハムファイターズが「待った」をかけた。

「メジャー志向を明らかにしていた大谷をドラフトで強行指名した日ハムの栗山英樹監督らは、何度も彼のもとに足を運んでさまざまな資料を示して、『大谷翔平の成長には〇〇が必要だ』と語りかけ、投打に挑戦する『二刀流』を提案し、彼の夢を真剣に考えた。そして、熱意を持って新たな道を教えてくれた日本ハムに、大谷は入団した。当時、メジャー球団は大谷を『投手』として評価していたので、卒業後すぐ海を渡っていたら二刀流は実現しなかったはずです」(同前)

 日本ハムが大谷獲得の交渉で使った言葉が、「急がば回れ」だった。

「10代で渡米してマイナーリーグを経てメジャーに挑む過程も魅力ですが、まずは日本でやってからアメリカへ行ったほうが成功する確率が高く、結果的に長く活躍できるという話も日本ハムはした。その姿勢や考えも、彼が日本のプロ野球へ進むきっかけになったと思います」(佐々木亨氏)

 この決断は幼い頃から自ら物事を決めてきた大谷だったからこそできたものだろう。そしてこの決断こそが大谷を野球界だけに留まらない“国民的大スター”へと押し上げたのは、ご存じの通りである。

※女性セブン2018年5月10・17日号

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。