記事
  • S-MAX

アップル初のスマートスピーカー「HomePod(型番:A1639)」が日本で発売へ!総務省のWebサイトで技適取得が判明

画像を見る

アップルのスマートスピーカー「HomePod」が技適を取得!日本でも発売か

Apple初のスマートスピーカー「HomePod」が日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得していることが総務省がした「技術基準適合証明等の公示」によって明らかになりました。

技適の取得を請け負っているディーエスピーリサーチの2018年2月前半の資料にてAppleが型番「A1639」という製品を電波法に基づく技術基準適合証明における工事設計認証を2018年2月6日に取得していることが示されています(認証番号「003-170114」)。

これにより、技適マークを取得した製品が必ずしも日本で正式に発売されるというわけではありませんが、大抵の場合にはわざわざ技適取得の費用をかけていることもあり、日本で発売される可能性が高くなったと思われます。


HomePodはApple初のスマートスピーカーとして昨年6月に発表され、発売が延期されていたものの、アメリカなどの海外では今年2月9日より販売されており、音声アシスト機能「Siri」に対応した固定型のワイヤレススピーカーです。

6個のマイクで音声入力・認識を行い、HomePodで音楽を再生しているときに部屋の反対側からでも声で操作でき、例えば「ヘイ、Siri、この曲いいね」と言うと、HomePodとApple Musicがその人にあった音楽を常に再生できるように学習していくようになっています。

またSiriによってメッセージを送信したり、ニュースやスポーツ、天気を読み上げたり、スマートホームデバイスを操作して照明をつけたり、シェードを下ろしたりというようにシーンを演出したりする素晴らしいホームアシスタントになっており、iPhoneやiPadのホームアプリを通じてリモートアクセスやホームオートメーションを実現。



さらにチップセット(SoC)「Apple A8」を搭載しているほか、スピーカーとしても2つのスピーカー、大型の上向きウーファー、7個のアンプ付きビームフォーミングツイーターのカスタムアレイを備え、音を出す方向を制御して綺麗でパワフルな音源を出せるとのこと。

サイズは直径142×高さ172mm、質量は2.5Kg、本体カラーはSpace GrayとWhiteの2色展開。無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11acやMIMOに対応し、BluetoothはVersion 5.0で、iPhone 5s以降・iPad Air以降・iPad mini 2以降・iPad(第5世代)以降・iPad Pro・iPod touch(第6世代)に対応。

なお、現在販売されているHomePodには日本で利用するための技適マークは記載されておらず、今回の技適取得についても海外で販売されている製品に技適マークが記載されているということではないと思われるのでご注意ください。

また日本での発売時期については不明ですが、2月に技適を取得しているので発売されるならそう遠くない時期に発表があるのではないかと思われます。正式発表が楽しみですね!

記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「スマートスピーカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  6. 6

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  7. 7

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「宝くじは賭博ではない」に疑問

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  10. 10

    橋下氏 大阪府議の報酬0円に意欲

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。