記事
  • 2012年01月14日 10:32

中国人女性留学生は愛人になることを希望している?

『羊城晩報』が「律师称大多数中国女留学生希望被包养 引发骂战」(弁護士が大多数の中国の女性留学生は愛人にあることを希望しているが、論争を呼ぶ)という記事を掲載しており、いろいろおもしろかったので、これについて少し。

1弁護士の書き込み

これは元ニューヨーク大学教授で中国系アメリカ人で弁護士をしている海明氏が中国版マイクロブログに書いた内容が話題になり、いろいろな意見が寄せられたというものです。彼の書いた内容は大体以下のとおりです。

 中国から来た20歳の女子大生と知り合った。彼女の英語は素晴らしく、背が高く、特技はバイオリンということだった。妹のような感じで、一緒に街を歩いて買い物をし、一夜の関係をもった。

その後、彼女から学費を援助してくれないかという申し出があった。後で知ったのだが、彼女はかつて62歳のタイ人の愛人だったことがあるそうだ。

アメリカでもカナダでも、シンガポールで生まれても中国人は中国人だ。何故中国本土の中国人だけがこれほどまでに道徳をなくすのか。

2書き込みに対する批判

この書き込みがきっかけとなって、ネットユーザーと「骂战」(「罵りあい」、上では「論争」と訳しましたが、「罵りあい」の方がニュアンス的には正確です)が始まりました。海明氏はかつて北京オリンピックの前にCNNが中国人を侮辱したとして13億の中国人を代表して、CNNに抗議し、文書で謝罪を引き出したことがあるそうです。

それ以外にもシャローン・ストーンが四川大地震の際に中国人を侮辱したとして訴えたこともあるそうです。斯様に中国人を代表したこともある弁護士が、今回も中国人を代表して中国人の道徳観の欠如を嘆いたらいろいろ批判を受けたというわけです。

因みに彼が批判を受けたのは以下のような書き込みだそうです。


私は幸いにも、マレーシアの華僑の女子学生、アメリカの華僑の女子学生、インドネシアの華僑などと知り合ったことがある。彼女たちは中国の女子学生ほど功利的ではなかったし、野心も持っておらず、手段も選ばないということはなかった。

実際、大部分の中国の女性留学生は愛人となることを希望している。独立できているのは少数だ。

3ステレオタイプ

ま、ある意味こうした書き込みをすれば、批判を受けるのは当然という面もあり、「拝金主義者はどこの国にでもいるではないか、個人の道徳の欠如がどうして、”中国本土人の道徳問題”になるのか」とか、「この弁護士先生は自分の豊かな”ナンパ経歴”を誇示しているだけだ」といった批判が寄せられたそうです。

海明氏の書き込みに対し、中国人ネットユーザーが怒るのも理解できます。自分がであった女性との経験を中国人女性留学生全体に敷衍したのでは、確かに問題でしょう。ある意味中国人の窃盗犯を見たことがあるので、中国人は皆窃盗犯だと思うのと同じ位の話です。

ただ、皆多かれ少なかれ対象に対し、ステレオタイプ化してあの人(○○人)はああいう人、こういう人と考えるのは良く行っていることです。これは必ずしも悪いことばかりではなく、場合によってはそうすることによって、相手の行動を予測する事も可能となります。

その一方でこの記事(海明氏が中国人を代表したこと)を見て思ったのが、自分がどれだけ母集団を代表しているかという問題です。実際同じ日本人でも、右より、左よりで全く違った思考パターンをしています。ある特定の人の行為(思考)をして、「日本人」の行為(思考パターン)と考えられるのも、どうかなと思うこともよくあります。

統計学的にはどれだけのサンプルを母集団から抽出すれば良いのかという話になるのでしょうが、いろいろ難しいところがあるのではないでしょうか。あと、余談ですが、どうしても女性には(女性だけに)こうした問題がつきまとうのは如何なものかと思った次第です。


トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。