記事

カジノ 入場料6000円、7日で3回の制限で依存症を減らせるか

1/2


【海外のカジノでは依存症対策も進んでいる】

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案が4月27日に閣議決定された。カジノ解禁で当初から懸念されていた「ギャンブル依存症」対策については、7日間で3回などとする入場制限が設けられる予定だが、「それだけでは実効性がない」と断言するのは、「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子氏だ。果たして、ギャンブル依存症者をこれ以上増やさない手立てはあるのか。

──厚生労働省の推計(2017年)では、ギャンブル依存症の罹患者は全国で320万人いると見られている。

田中:そうですね。昨年1年間だけでも罹患している人は70万人いるとされています。

──今後、依存症になりそうな予備軍も含めたら相当膨れ上がるのではないか。

田中:忘れてはならないのは、依存症の当事者に巻き込まれている家族の存在です。例えば、当事者がギャンブルによる借金苦で死にたいと思ったら、身近な人に伝播することがありますし、子どもの教育や環境に影響が出る恐れもある。旦那がギャンブル依存症でしょっちゅう失踪したりしていると、子どもも不安定になりますしね。

 そうやって巻き込まれている家族が依存症の当事者1人につき3人いるとしたら、その数は1000万人を超え、人口の1割がこの問題で苦しんでいることになります。

──「ギャンブル依存症問題を考える会」が行った調査によれば、依存症患者を抱える家族の83%が借金を肩代わりしたことがあるとの結果が出た。

田中:ギャンブル依存症がエスカレートすると多重債務を抱え、窃盗や横領、詐欺など事件化するケースも多いのですが、事件が表面化する前に家族が弁償したり肩代わりしてしまうことがよくあります。

 しかし、身内を犯罪者にしたくないと慌てて借金の尻拭いをすることは、かえって症状を進ませてしまう可能性があります。連帯保証人でない限り家族に借金の支払い義務はありませんし、なにより当事者だけでなく家族も債務整理の支援や金銭管理の方法などお金に関する正しい知識を身につけ、毅然と対処しなければ効果的な対策が打てません。

 依存症のリスクを少しでも減らすためには、まずは当事者に“病識”を持たせ、なおかつ周りの人たちが私たちのような支援グループにいかに早く繋げることができるかが大事なのです。身内だけでは解決できません。まずご家族が相談にきてほしいです。

──そもそもギャンブル依存症は「はまった人が悪い」という自己責任論が根強く、病気だと思われていないことが、対策が進まない大きな要因ではないか。


【「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表】

田中:パチンコでも競馬や競艇などの公営ギャンブルでも、運営サイドが大々的に宣伝を打ってギャンブルに手を出させるように仕掛けておきながら、その影響で依存症という病気になる人が出ても知らんぷり。これはどう考えても無責任だし、おかしいと思います。事業者は莫大な売り上げがあるのだから、その中から依存症対策費を拠出すべきです。

 結局、運営者側に依存症対策が義務付けられていないことのしわ寄せは、社会へと跳ね返ってきます。ギャンブルでお金や仕事がなくなり生活保護を受ける人、借金苦で罪を犯して逮捕される人、そういった人たちへの対処費は国民の税金から捻出されているわけですからね。

──そもそも、これだけ広くギャンブルが認められている日本で、いまさらカジノができたからといって大きな経済効果があるのか疑問だ。

田中:それなりに経済効果はあると思いますが、一番問題なのは、これまで罹患していないような人がギャンブル依存症になる可能性があることです。カジノはオシャレな雰囲気もあるので、男性よりむしろ女性のほうがはまってしまうかもしれません。

 例えば、ちょっとセレブなマダムたちは、誰が見ているか分からない近所のパチンコ店には入れなくても、旅行がてら友達どうしでIR施設に行くようなケースが出てくるでしょう。そして、買い物をしたお金がカジノで儲かってチャラにでもなろうものなら、「また行きましょうね」と病みつきになる。

 その他、地方の中小企業でよく社員旅行で海外のカジノに行くような会社がありますが、国内にカジノができれば、より行きやすくなります。そして、社員がカジノで大損しても、社長が後先を考えずにお金を貸したり……。そうやってギャンブル依存症は誰にでも罹患し、蔓延していく恐ろしさがあるのです。

──カジノに参入しようとしている事業者は、どこまでマイナスの影響を考えているのか。

田中:マイナスの影響については小さく捉えたい、まずは自分たちの儲けが最優先だと思います。そもそも、観光事業目的でなぜ日本にカジノを導入しなければならないのか。インバウンド需要も見込んでいるのかもしれませんが、いま日本を訪れる外国人観光客がIRのような豪華施設に本当に泊まりたいのかは疑問です。バックパッキングに近い旅をして民泊が人気になっているくらいですからね。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  9. 9

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  10. 10

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。