記事

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。議論で与党を地道に追い詰めたい。政治家のアイデンティティだ。

仲間と練りに練った、種子法の復活法案、質疑したいです。

卸売市場法改正案、人生初の本会議場での質疑、したいです。

この二つの質疑を通して、現政権の農業政策に対する過度に行き過ぎた自由化路線を、論理的に、具体例に基づいて、厳しく指摘したかった。

野党が、何より野党の意志決定に力を及ぼせない僕が情けない。

僕は、組織の人間として党の決定には従いますので、審議拒否を続けます。

この自分の態度こそが、書いてて涙がでるほど悔しいし、無力さが情けない。

悔しいので、早く選挙に強くなり、先頭に立つ人材になります。

画像を見る

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  8. 8

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  9. 9

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  10. 10

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。