記事

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。議論で与党を地道に追い詰めたい。政治家のアイデンティティだ。

仲間と練りに練った、種子法の復活法案、質疑したいです。

卸売市場法改正案、人生初の本会議場での質疑、したいです。

この二つの質疑を通して、現政権の農業政策に対する過度に行き過ぎた自由化路線を、論理的に、具体例に基づいて、厳しく指摘したかった。

野党が、何より野党の意志決定に力を及ぼせない僕が情けない。

僕は、組織の人間として党の決定には従いますので、審議拒否を続けます。

この自分の態度こそが、書いてて涙がでるほど悔しいし、無力さが情けない。

悔しいので、早く選挙に強くなり、先頭に立つ人材になります。

画像を見る

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  9. 9

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。