記事

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。

審議拒否は、たとえ与党の対応が悪すぎても、この段階ですべきではない。議論で与党を地道に追い詰めたい。政治家のアイデンティティだ。

仲間と練りに練った、種子法の復活法案、質疑したいです。

卸売市場法改正案、人生初の本会議場での質疑、したいです。

この二つの質疑を通して、現政権の農業政策に対する過度に行き過ぎた自由化路線を、論理的に、具体例に基づいて、厳しく指摘したかった。

野党が、何より野党の意志決定に力を及ぼせない僕が情けない。

僕は、組織の人間として党の決定には従いますので、審議拒否を続けます。

この自分の態度こそが、書いてて涙がでるほど悔しいし、無力さが情けない。

悔しいので、早く選挙に強くなり、先頭に立つ人材になります。

画像を見る

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。