記事

東京新聞は、望月記者の特定政党と繋がりが強い団体での講演を許可していた

『WiLL6月号』。

記事に書かれている革新懇など共産党と繋がりが強い団体主催の望月衣塑子記者の講演会を調べると、確かに年20回を優に超える。

特定の政党と繋がりの強い団体で講演を繰り返し行うことを東京新聞が許可していたのは新聞社としてどうなのか。

特定政党の支持拡大に貢献していると取られかねない。

あわせて読みたい

「望月衣塑子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  4. 4

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  5. 5

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  6. 6

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  7. 7

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

  8. 8

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  9. 9

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  10. 10

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。