記事

「世に出す」恐れに打ち勝つ3つの方法

何かを自分の手で創り上げても、それを「世に出す」ことができないことがあります。
ブログ記事なんてまさにそうです。書いては消して…という人は少なくないと思います。

世に出すことを阻むのは「恐れ」です。失敗するんじゃないか、期待を裏切るんじゃないか、炎上するんじゃないか、敵を作るんじゃないか、などなど。

僕の今年のミッションは、そうした「恐れ」から、可能な限り多くの人を解放することです。変化が激しく、変えるべきものが多すぎるこの時代、何かを変えるためのアクションは、ぜひとも思い切って取ってみるべきです。
そんなわけで、僕が思い切って「公開」ボタンを押す際によく使う、3つの方法をご紹介します。

批判が起こることを「前提」として受け入れる

何かを変えようとすれば、ほぼ間違いなく、批判する人が現れます。極端な話、何も批判が起こらないようなら、それは現状をそれほど変えられていない証拠だ、とすら言えると僕は思っています。
批判、誹謗中傷、アンチの登場を「予測」しましょう。事前に予測しておけば、投げつけられる呪いの言葉を、華麗にスルーすることができるはずです。
批判をどう捉えるかは人それぞれです。僕は「オンラインの批判」はサクっとスルーすることをお勧めします。本当にあなたのことを思うなら、その人はもっと別のやり方で伝えてくれるはずです。

「みんな自分が言い出すのを待っている」と考える

これは僕が超影響を受けているセス・ゴーディンの言葉そのものです。彼はTribesという書籍の中で、「人々はリードされたがっている」と考えることを推奨しています。
実際、思い切って公開ボタンを押すと、批判も起こる一方で、丁寧に「共感しました」と熱いメッセージをくれる人もいたりします。
ほとんどの場合、自分が変えようとする現状は、他の誰かも変化を望んでいます。「世に出す」ことで、そうした人たちと簡単に繋がることができるのは、ソーシャルメディア時代に生きる僕たちの強烈なメリットです。

失うものはないことに気づく

ほとんどの場合、思い切ったアクションを取っても、失うものはありません。失うどころか、新しい仲間やリーダーシップを得る結果になったりもします。
本当に人生を左右する重大な決断なんて、めったにありません。気にせずその作品を世に出しましょう。
というわけで、最近はちょっと挑戦的な記事でも、「別に炎上しても死にはしないか」とポチっと公開ボタンを押すようになりました。

ブログ記事でも、アート作品でも、事業企画でも、現状をぶち壊す何かを、ぜひ世に出して下さい。きっと新しい地平が見えてくるはずです。反響を怖がって胸の内にしまっておくのは、とてももったいないです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  4. 4

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  7. 7

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    華々しい総裁選の裏で…隠蔽体質の政府与党・自民党の闇はまったく変わっていない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月23日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。