記事

幹部自衛官「国民の敵」発言の組織的隠ぺいについて

1/2
本日公表の幹部自衛官による暴言事件の調査報告書は、「国民の敵」発言に関する防衛省内の証人等へのヒアリングなどさえも行うことなく、また、当事者である私へのヒアリングも行うことなく、一方的に、幹部自衛官と防衛省の見解を垂れ流したものであり、「国民の敵」発言の組織的隠ぺいのためと考えざるを得ません。

以下、取り急ぎの調査報告に対する私の見解を述べさせて頂きます。

1.総評

・防衛省が本日発表した幹部自衛官の供述においては、4月16日の夜に幹部自衛官が私に対して「気持ち悪い」「馬鹿」「国のために働け」「国益を損なう」「国民の命を守ることに逆行している」などの暴言を行ったことを認めており、自衛隊法58条などに違反する事実が明らかになった。

・しかし、本日の調査報告は、幹部自衛官が私に「国民の敵」という発言を行った事実を組織的に隠ぺいしようとするものであり、誠に遺憾である。あったものをなかったことにすることは許されない。

・この調査報告は、当事者(被害者)である私に対して調査担当者から何の問い合わせやヒアリングも行わずに、また、既に明らかになっている物証などに基づく調査を一切行わず、一方的に幹部自衛官と防衛省の見解を垂れ流すものである。
なお、私は事前にヒアリングの打診を受け「何時でも受ける」と意思表示していたところである。

・幹部自衛官の供述内容のうち、「国民の敵」という発言に関する事実関係については、不自然に事実の記載がなされていない、あるいは、別の事実にすり替えられるなどしており、あたかも「国民の敵」という発言がなかったことを正当化するような内容となっている。

・その他の供述内容も、事実と異なる箇所、時系列が事実と反する箇所などが散見される。(総じて書き直しが必要な程度に事実に反するか正確性に欠ける)

■当日の模様は以下のIWJ現場インタビューをご参照
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418915

・また、当日の状況の説明のために作成したとする再現写真も事実と異なる印象を与えるものとなっており、最後の「握手」写真については、当初は、私がポケットに手を突っ込んで握手に応じているかのようなシーンの写真が使われていたものを私の抗議を受けてマスコミ公表前に差し替えるなど、まさに「印象操作」のためのものと疑わざるを得ない。

・調査報告には、幹部自衛官が既に認めている暴言がシビリアンコントロールを否定するものであるか等について、幹部自衛官の見解も防衛省の見解も何ら示されていない。
自衛隊の存立に関わる歴史的大事件を、小野寺大臣の4月17日コメントにあるように「社会人のマナー」の問題に矮小化しようとしているものと考える。

・折しも、4月22日(日)放送のテレビ朝日サンデーステーションにおいて、この度の暴言事件について「防衛省幹部」なる者が「そんなに騒ぐこと?だって言葉の通りでしょもちろん本人に言うのはバカなことだが」と発言したと報道されており、防衛省のシビリアンコントロールの崩壊は行き着くところまで行っていると大きな危機感を抱いている。(当発言については、24日に防衛大臣への調査要請を行っている)

2.防衛省の調査が組織的隠ぺいであること

・私は「国民の敵」などの暴言を受けて数分後に、「国民の敵という発言を撤回しないなら防衛省の人事当局にこの場で電話通報をする」との意思表示を幹部自衛官に行った。しかし、撤回を拒否され、防衛省の豊田事務次官に「自衛隊員を名乗る者から国民の敵などと暴言を受けている」と通報している。豊田事務次官はこの電話で私が「国民の敵」という趣旨の言葉を発したと明確に認めている。

・また、武田人事教育局長は同様に(局長の上司に報告するために事件の詳細を教えて欲しいとの)事件直後の私との電話で、私が「国民の敵と暴言を受けた」と話したことについて、「国民の敵」という言葉をメモに残している。(なお、武田局長には事件現場でも「国民の敵」発言を電話で伝えている)

・しかし、防衛省の調査担当者はこれら当事者たる防衛省幹部に対して文書による報告を求めたのみで一切直接のヒアリングを行っておらず今後も行わない方針とのことであり(驚くべきことに、「本日の調査報告書の発表の段階でも、正式の文書報告が調査担当者に提出されていない」ことを確認している)、そもそも、「国民の敵」発言の事実を真剣に調査するつもりすらないものと考えざるを得ない。

・この度の供述内容等にも、これら豊田事務次官や武田局長の証言や物証を幹部自衛官に示した上で「国民の敵」発言の有無について調査を行ったことは(そもそも、そうした調査は一切行っていないので)一切記載されていない。

※なお、当日に私が現場を離脱するタクシーの中で電話した知り合いの弁護士は、私が事件のせいで遅参となった理由として「国民の敵という暴言を受け、その撤回を求めていたこと」と説明したことを明確に記憶し、求めに応じて証言すると言ってくれている。

・防衛省による報告文書の「3」には、『麹町警察署から「対応に当たった警察官は、本件取扱い時において、両当事者間でなされた文言のやりとりを聞いていない。」との回答があった。』としているが、これは、「小西議員と幹部自衛官の二人だけの時のやりとりは警察官は誰も現場にいなかったので(当然に)知らない」との意味とのことであり、当たり前で書く必要もないことの記載による誤魔化し(隠ぺい)行為そのものと解せざるを得ない。
なお、防衛省は当時現場にいた警察官に直接ヒアリングは行っていないとのことである。

あわせて読みたい

「防衛省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。