記事

損壊?虐待?終末期の医療の考え方

ある医師の言葉です。

「最近緩和医療という医療者が多いが、終末期の患者に点滴を控えたり、利尿剤を投与しなかったりするのは患者という人間に対する虐待ではないのか」

生命維持=心臓の拍動を維持することを教育されて来た医療者からすれば当然のことかもしれません。

それに対し日本では心臓の拍動という生命を維持するために、意識のない、回復の見込みもない方、特に脳死の患者さんにも延命治療を行なうことがあると米国の医療関係者に伝えたところ、

「それは(死体)損壊罪にあたるのでは。本人はもう神に召されている」

という言葉が出たそうです。

日本と米国で全く逆の解釈ができる終末期の医療行為。今血液内科という急性期医療から慢性期の医療を担当してわかることは、結局本人、家族との話し合いをしっかり行い、その上で医療にできること、そして限界をしっかり伝え、医療者と患者関係者の意思を統一することが一番、いやそれしかないと感じています。

そこにはあまりマニュアルも使えず、その患者さんの人生の終わり方、残された家族の社会性、歴史を踏まえてオーダーメイドの医療、介護を行うしかありません。

ある医療行為を損壊となるからやらないのか、虐待になるからやるのか。日本という国の特殊性を考えながらも現状を把握した上で最善を提案することが必須だと信じています。

あわせて読みたい

「終末医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。