記事

著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム

日曜日を潰して、情報一般財団法人 情報法制研究所と一般社団法人 インターネットコンテンツセーフティ協会共催の著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウムというものにパネラーとして出席した。

シンポ

いろいろ記事になっているようである。

弁護士ドットコム

ITmedia

窓の杜

私は、実務の解説である。
刑事弁護をまともにやってる弁護士であれば、児ポだろうが著作物だろうが、刑事法廷で緊急避難の主張がまともに取り合ってもらえないということをやんわり説明する担当である。

当日のスライドを欲しいという人が結構いたので公開しておく、プロユース用に作ってないので、業者の方は自ら楽しむ目的のみで利用可である。

当日資料をダウンロード

私は、緊急避難みたいな通るわけない論理で、明らかなクロをシロにできる特権階級を認めたくないだけである。適切な立法に基づく措置であれば賛成であるし、そのための議論は必要と思っている。

ただ、パネルでは、権利者側の先生が、いろいろ努力をされているというお話をされていたが、その話を前提にして、さらに、日本のプロバイダ責任制限法の出来が最悪で、民事訴訟法がIT社会に全く対応できていないことを踏まえても、被害3000億というのであれば、それに見合うべきやるべきことはまだあるのにやってないとしか思えなかった。

必要なのは、ブロッキングでは無く、「十分な」スキルを有する弁護士に相談することである。

現状は、某社が、自らの意思で社員に通信の秘密侵害罪のリスクを負わせる旨の発表をしたところである。

発信者情報開示では、二言目には通信の秘密とお経の様にいう企業グループの節操ない忖度である。

なんだかなぁ。

あわせて読みたい

「ブロッキング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  3. 3

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

  4. 4

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  5. 5

    厚労省不正 明かせぬ不味い事情?

    宇佐美典也

  6. 6

    ZOZOが象徴する日本の低賃金労働

    藤田孝典

  7. 7

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  8. 8

    夫のが入らない…性生活の苦悩

    文春オンライン

  9. 9

    照射 真摯と声明の防衛省に疑問

    和田政宗

  10. 10

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。