記事

京浜急行電鉄は、なぜ全面塗装に回帰したのか

(1) ステンレスカーに赤い塗装を施す

2017年の12月、金沢八景から京急久里浜まで「白い京急電車」が走行し、ちょっとした話題となった。これは京急の新造車のうち一部が、工程上の都合によって、中塗りまでの段階でメーカーを出場。久里浜の京急ファインテック(京急の電車のメンテナンスを担当するグループ会社)まで回送し、同社で上塗りを施す過程で出現したものであった。

ただ、色が白いか赤いかは注目すべきポイントではない。2017年度に製造、投入された京急1000形の17次車(17回目の新造となるロット)は、車体自体はステンレス製なのに、全面的に塗料による塗装が施されたことに意味があるのだ。

ステンレス車は元来、無塗装でよい


2007年に登場した、一部無塗装のステンレス車。かなり幅広く赤でラッピングされたが、やはり金属の地肌は目立つ

1000形の5次車まで、車体はアルミニウム合金製で、塗料によって赤とクリーム色のツートンカラーが塗られていた。6次車以降は設計が変わり、車体が同社では初採用のステンレスとなった。

ステンレスは錆による腐食に対して非常に強いという特徴を持つ。雨風にさらされる中で使われる鉄道車両にはもってこいの素材と言えよう。

そして耐久性の高さゆえ、保護のための塗装も基本的に不要だ。その分、メンテナンスの手間も費用も軽減される。JR東日本など、大半の会社のステンレス車は、装飾の意味で色帯などのフィルムを貼っているが、その特性を損なうほどではない。京急のステンレス車も同様で、客室窓の周りなど、一部が無塗装のまま銀色の地肌をさらしている。

(2) 京急のイメージカラーは「赤」

しかしながら、京急はこうしたステンレスのメリットを承知の上で、今回、新造車の全面塗装に踏み切った。ステンレス車が登場した直後、経営陣から「やはり京急は『赤い電車』だ」という声が上がったそうなのだ。

京急に初めて赤に白帯の電車が現れたのは、1953年のこと。1978年には、現在も続く窓周りを広くクリーム色にした新しい塗り分けが登場したが、基本的には京急イコール「赤い電車」という企業イメージが、60年以上にも渡って受け継がれてきた。

それゆえ、無塗装部分をかなり狭めたとはいえ、銀色の金属的な地肌が目立つ電車は「京急らしくない」と、感じられたのだろう。一度変えた設計は、なかなか元へ戻しづらいもの。だが今回、それを敢えて“塗装する”という選択をすることによって、電車の基本設計自体は変えずに、企業イメージの構築に再び役立てるようにしたのである。

敢えて塗装したステンレス車の前例はいくつかある。代表的なところでは、南海電気鉄道の1000系がある。ただ、京急の「赤」への回帰は、やはりインパクトが強かった。

電車の色が企業イメージという会社は多い

日常的な存在ゆえに、電車の色が鉄道会社、ひいては鉄道が走る地域のイメージと結びつけられることは多い。典型的な例が阪急電鉄で、創業以来の「マルーン」をまとった上品な電車は、沿線住民の誇り、アイデンティティでもある。他にも、小田急電鉄の「青帯」や西武鉄道の「黄色」などもある。会社全体ではなくても、東京メトロ丸ノ内線の「赤にサインカーブ」やJR東日本中央線快速の「オレンジ」など、例は枚挙にいとまがない。

私鉄はそうしたイメージを事業に活用してきた。バブル期頃よりもてはやされた「CI戦略」の一環でもあるが、その歴史はさらに古くさかのぼれそうだ。例えば阪急は、マルーンの電車から感じられる高級感を、グループ全体のイメージづけに利用している。それが京急においてはやはり、1950年代からの「赤」だったのだ。

(3) 「赤」のイメージを盛んにPR

最近、京急は他地方の鉄道会社の車両に、全面ラッピングによる広告を盛んに出稿している。2017年10月の大阪高速鉄道(大阪モノレール)に始まり、沖縄都市モノレール(ゆいレール)、長崎電気軌道、鹿児島市電、高松琴平電気鉄道、そして広島電鉄(2018年4月23日より)と立て続けである。

アピール内容は、羽田空港から都心へのアクセス。航空路を通じて、各地方と東京都心が京急の羽田空港国内線ターミナル駅を介して密接につながっていることをPRしている。

この広告電車が、いずれも赤とクリームのツートンという、京急の電車を模したものなのだ。京急=赤というイメージがフル活用され、各地方の人に赤い電車のイメージを植え付けている。特に、高松琴平電気鉄道の広告電車は、京急から同社に譲渡された車両に施されたことにより、さらなる話題を呼んでいる。

こうした流れもあって京急は、肝心の自社の電車にも伝統の塗色を復活させたのである。色というものは、単純だが、訴求力は強い。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

あわせて読みたい

「電車」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  9. 9

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  10. 10

    欧州の空港 200近くが破産危機に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。