記事

『るろうに剣心』連載再開へ 作者は刑事手続終了し、「現在も反省と悔悟の日々」

集英社のジャンプスクエア編集部は4月23日、『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―』の連載を同誌7月号(6月4日発売)から再開すると発表した。

同作は作者の和月伸宏さんが昨年11月、児童ポルノの単純所持容疑で書類送検されて以降、休載していた。ファンからは打ち切りを心配する声も出ていたが、半年での連載再開となった。

「作品作りを通してお応えしていくこともまた作家ならびに出版社の責務」

ジャンプスクエア公式サイト
ジャンプスクエア公式サイト

同誌編集部は公式サイトで、「長らく休載させていただいております本作ですが、読者および関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪するコメントを発表。連載再開については、次のように記されている。

「作家は現在も反省と悔悟の日々を送っておりますが、皆様から寄せられる様々な声に、作品作りを通してお応えしていくこともまた作家ならびに出版社の責務であると考え、本誌7月号(6月4日発売)より連載を再開させていただくことにいたしました」

同社広報部によると、和月さんは書類送検後、「略式命令による罰金20万円」の支払いを終えたという。

「作者は刑事手続を終了した現在も反省の日々を送っています。しかし読者の方からの様々な声にお応えしようと連載再開の運びとなりました。一部にはお叱りの声もありましたが、多くは励ましの声をいただきました」

人気作品の続編とだけあって、連載再開を待望していたファンは多い。ネットでは「待ってましたァ。嬉しい!!嬉しい!!」「和月先生には頑張ってほしい」と喜びの声が上がっている。

一方で、「復帰が早すぎる。 連載中だろうが人気作だろうが、こういう前例は作らないほうが良い」という意見もあった。

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。