記事

国連が見た「不幸な日本人」 - 坂場三男

 先月、国連が「世界幸福度ランキング2018」なる報告書を発表した。この報告書によると、日本は調査対象となった156ヵ国の中で54位、先進国の中ではほぼ最低クラスで、日本以下はポルトガルとギリシャのみである。その一方でブラジルやメキシコといった中南米の国々は軒並み50位以内に入っており、「幸福な人々」ということになっている。私の個人的実感からすると、何とも不思議な調査結果である。

 そもそもこの国連調査は何を根拠に各国の幸福度を比較しているかというと、国民一人当たりGDP(但し購買力平価ベース)、健康寿命、社会支援、自由(職業選択、行動)、信頼(腐敗・汚職)、寛大さの6項目が柱になっており、このうち、社会支援は「困ったときに頼れる親類縁者・友人はいるか?」というギャラップ社による世論調査の結果を使用しており、寛大さは「過去1ヵ月の間に何らかの寄付行為をしたか?」という問いに対する答えを元に判断している。

 問題は、これらの調査項目に加えて「ディストピア(地獄郷)」というアンケート調査の結果が加味されており、しかも、全体評価の中でこの項目が占めるウェイトが高いことである。このアンケートは何かというと、同じギャラップ社が各国で個々人に「あなたは今幸せですか?」、「昨日、笑うことはありましたか?」、「昨日、楽しいと思ったことはありますか?」といった質問をし、その結果をプラス要因として評価し、他方で「昨日一日で懸念(悲しみ、怒り)の感情を持つことはありましたか?」という各問いの結果はそれぞれマイナス要因として評価している。更に、「残差」としてジニ係数(所得格差)などのデータをこれに追加している。

 私は過去の職業経験から在勤した6ヵ国を含めて世界のほぼすべての国を訪れているが、日本人の幸福度が先進国の中で最低クラスだという実感はないし、いわんやニカラグアやエルサルバドルといった中米の国々より不幸な生活をしているとは全く思えない。四季折々の季節感や食生活の豊かさ、公共交通機関によるサービスの質の高さなどは世界一だと確信しているし、これらが私個人の幸福感の重要な一部になっている。しかし、国連の調査ではこれらの要素は直接的に勘案されることはなく、これが国連の調査結果に違和感を持つ理由にもなっている。

 そもそも、人間の幸福感を国際比較することに無理がある。国民性や個人によって幸福感には大きな差異があるし、こうした「心のありよう」を一定の指標によって判断することにも限界がある。先述したアンケート調査にしても、答えの内容を各国一律に比較する手法には疑問なしとしない。

 ただ、こうした調査が全く無意味かというと、そうとも言い切れない。特に、社会支援や寛大さといった項目はこれからの社会のあり方を考える上で示唆に富む要素を含んでいる。困ったときに頼れる人がいるかどうかや他者支援のために寄付を行っているかどうかは社会連帯の状況を分析する上で大いに参考になる。現代の日本社会では昔のような「助け合いの精神」が相対的に希薄になりつつあるのではないかと指摘されている。これから本格的な少子高齢化社会を迎えるにあたって、「助け合う社会」を構築することは国のあり方の根幹にかかわることのように思われる。

 なお、最後に、世界で54位という日本人の幸福度について一言追加したい。それは国連が各国比較の基準とした評価6項目だけに限れば、日本のランクは間違いなく世界のトップ10に入る評価を得られている(国連報告書の20-22ページ参照)ことである。これを逆に言うと、日本の総合評価が低いのは先述した「ディストピア」+「残差」という最後の評価項目で著しく点数が低いことが主要因になっている。「あなたは今幸せですか?」と聞かれて何と答えるか。中南米諸国をはじめ諸外国では「はい」と答える人が結構多いが、日本人はそうではないのではないか。こうした国民性(悲観主義傾向)が「世界54位」という評価結果をもたらしている一因かも知れない。

バックナンバーはこちら
坂場三男(さかばみつお)略歴

 1949(昭和24)年、茨城県生れ。1973年横浜市立大学文理学部文科卒業。同年外務省入省。フランス、ベルギー、インド、エジプト、米国(シカゴ)等に勤務。外務本省において総括審議官、中南米局長、外務報道官を務める。2008年、ベトナム国駐箚特命全権大使、2010年、イラク復興支援等調整担当特命全権大使(外務本省)、2012年、ベルギー国駐箚特命全権大使・NATO日本政府代表を歴任。2014年9月、外務省退官。2015-17年、横浜市立大学特別契約教授。現在、JFSS顧問、MS国際コンサルティング事務所代表として民間企業・研究機関等の国際活動を支援。また、複数の東証一部上場企業の社外取締役・顧問を務める。2017年1月、法務省公安審査委員会委員に就任。著書に『大使が見た世界一親日な国 ベトナムの素顔』(宝島社)等がある。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  5. 5

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  6. 6

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  8. 8

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。