記事

組織に個を埋没させる日本人

関口宏のワイドショーで、福田事務次官のセクハラ問題をあつかっていたが、青木理が女性記者を庇って詭弁を弄していた。
和製リベラルの限界が露出していて、全然、腑に落ちなかった。

ところが、爆笑問題のワイドショーでは、同じセクハラ問題に対して、その感想の数々が納得できるものばかりで驚いた。
特にデーブスペクターが、アメリカでは個人が名乗り出て、告発するものだと言ったのには、感心した。
やっぱりそうだったか!
個人主義の確立した欧米では、組織に隠れて告発するはずがないと思っていた。

日本人はどうしても組織に個を埋没させる。
それがいいことだと思っているから情けない。
日本人は何十年、何百年経っても、どうしても八つ墓村の住民なんだろうか?
『脱正義論』を読んだはずの『ゴー宣』の読者でさえそうなのだから、日本人は変われないのかもしれない。

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。