記事

「イケメンならセクハラOK」ではなく「イケメンのセクハラを断れない状況」がハラスメント

1/2

あるTV番組の「『お疲れさん』と言いながら肩をもむのはセクハラか」というテーマで、女性弁護士が「一般論としてはダメ(個別に承諾があるかがポイント)」と述べつつも、「福山雅治さんなら(私は)OKです」と笑いを取った件がプチ炎上していた。

職場では「イケメンならセクハラOK」ではない

しかし、職場のセクハラに関しては、セクハラを構成する要素はもっと複雑だ。

職場におけるセクハラとは、(1)職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応により、当該労働者がその労働条件につき不利益を受けること(2)職場において行われる性的な言動により労働者の就業環境が害されること、を意味する(男女雇用機会均等法11条)。

職場における、セクハラやパワハラなどのハラスメントの本質は、

「仕事」なので、「断るのが難しい」そして「断ったかどうかで仕事の評価が変わる」

もっと言うと、

本来、「仕事」は単なる契約に過ぎないのに、日本では「仕事において、理不尽なことを強いられた時、労働者が断ることが難しい」

という点にあるのではないか、と私は思う。

つまり、職場においては、

「イケメンならセクハラOK」ではなく、イケメンのセクハラを断れないという「状況」がハラスメント

ではないだろうか。

職場におけるセクハラは、加害者の容姿に左右される問題ではない。

「仕事だから我慢しろ」がハラスメントを生み出す

仮に、私がテレ朝の女性記者で、福田次官が100%好みの男性だったとしよう。
そんなことに関係なく、下記の理由でこれはセクハラである。

・職場(労働者が業務を遂行する場所・接待や取材先も含む)で行われた性的な言動
・どう対応するかで、労働者側が不利益を受ける

加えて、労働者側は下記の理不尽にも晒されている。

・夜中(残業または勤務時間外)に呼び出されても、取引先との関係を保つために、断るのが難しい
・セクハラされても、取引先との関係を保つために、断るのが難しい
・断れずにセクハラをされた場合、同情はおろか「女は得している」と言われ、その後仕事に対する『正当な評価』を受けることはない

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  7. 7

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  8. 8

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  9. 9

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  10. 10

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。