記事

故アヴィーチー、生前最後のインタビューで語った「幸せの基準」

画像を見る
| 28歳で亡くなったアヴィーチー (Photo by Sean Eriksson†) |

アヴィーチー(Avicii)として知られるスウェーデン出身のDJ・プロデューサーのティム・バークリングが、現地時間4月20日に28歳で死亡したと代理人が伝えた。オマーンで死去も、現時点で死因は不明。昨年のローリングストーン誌のインタビューでは「もう幸せを感じられなくなっていた」と語っていた。

「深い悲しみをもってアヴィーチーことティム・バークリングの死をお伝えします。現地時間4月20日金曜日の午後、オマーンの首都マスカットで彼は死体で発見されました。現在、彼の家族はこの衝撃に打ちひしがれております。大変な時期を過ごしている彼らのプライバシーを尊重して頂けると幸いです。また、今後この件に関して声明を出す予定はありません」と、バークリングの代理人が声明文を出した。

「本当に大変なことが起きてしまった」とデヴィッド・ゲッタ。「僕たちはとても美しい心根の友人を失い、世界は才能に溢れたミュージシャンを失った。君が作った美しいメロディ、一緒にスタジオで過ごした時間、DJとして共演したこと、そして友人として人生を謳歌したことに感謝するよ」と書き綴った。

EDM界で最も人気のあるDJだったバーリングは、2011年のヒット曲「レヴェルズ」でジャンルを超えた人気を博した。これはエタ・ジェイムズをサンプリングした曲で、アメリカではプラチナムになり、多くの国々のシングル・チャートでトップに君臨した。2年後にリリースされたシングル「ウェイク・ミー・アップ」はアロー・ブラックをフィーチャーし、ホット100の4位まで駆け上がった。

ブラックは4月20日に次のようにツイートしている。「ティムの遺族と親しかった友人たちに心からのお悔やみを申し上げます。この悲しみの深さを言い表すことなどできない。彼との出会いが自分の人生を変えた。彼は驚くほどの才能に恵まれた人間で、彼がもういないなんてつらすぎる」と。

仏教用語で無間地獄を意味する阿鼻旨(あびし)の音写アヴィーチーという芸名を選んだバーグリングは、自作の音楽をネット上にアップロードすることで音楽のキャリアを開始した。その後、当時20歳だったバークリングは「レヴェルズ」のヒットで一夜にして名声を得たのである。1年後、バーグリングは、フォーブス誌が選んだ2012年最もギャラの高いDJリストに登場し、拷問のようなツアー・スケジュールをこなしたことで年間収入が約30億円に達した2014年には、同リストの3位まで上昇した。

2017年のドキュメンタリー映画『Avicii: True Stories(原題)』の中で彼は「『レヴェルズ』で全てが始まったって感じだった」と語っている。これはバーグリングのDJ人生とキャリアに特化したドキュメンタリー作品だ。また、バーグリングがリリースしたアルバムは2枚。2013年の『トゥルー』と2015年の『ストーリーズ』である。しかし、DJとして絶頂期の2016年に彼はツアーからの撤退を宣言した。

「何を選択するにしても、これまで物欲で動いたことは一度もなかった。もちろん、成功したことで得たチャンスや安心感には感謝しているよ。世界中を飛び回って演奏できるなんて本当に恵まれていると分かっている。でも、アーティストとしての人生が大きくなりすぎて、人間としての人生がほんの少しになってしまった」と。

宣言通り、アヴィーチーが世界で最もギャラの高いEDM界のDJとなって2年後、彼はツアー人生から引退した。そして、健康上の問題でラスベガスでのレジデントDJを含む、既に決まっていたコンサートをすべてキャンセルしたのである。

「どう生きるかを考える必要にかられた。成功するために成功を求めているって感じだったから、もう幸せを感じられなくなっていたのさ」と、2017年9月にバーグリングはローリングストーン誌に語っていた。これは彼のレコーディング・アーティストとして最後の作品であるEP『Avīci (01)』のリリース後に行われた取材だった。彼は続けた。「4、5、6年前からEDMは過飽和状態になってきた。あの頃から金が全てになったんだ。その頃から俺はEDMとの関わりを持ちたくないと思うようになった」と。

自身の作品を作る一方で、バーグリングは需要の高いコラボレーターであり、リミキサーだった。コールドプレイ(「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」や「ヒム・フォーザ・ウィークエンド」)、ワイクリフ・ジョンとサンタナ(2014年FIFAワールドカップのテーマ曲「Dar um Jeito(原題)」)、マドンナ、ロビン、メジャー・レイザー、ダフト・パンクなどなど、挙げればキリがない。また、デヴィッド・ゲッタとのコラボレーション曲「サンシャイン」は2012年にグラミー賞ダンス・レコーディング賞にノミネートされている。

マイク・ポズナーの2015年のヒット曲「I Took a Pill in Ibiza(原題)」は、アヴィーチーのコンサートでのポズナー自身の経験を歌ったものだ。前出のローリングストーン誌の取材で、バーグリングは「マイクはいい友達だから、あの曲は俺に対する賞賛だと思っているよ」と述べた。ちなみに、このときのインタビューはバーグリングが生前行った最後のインタビューの一つとなってしまった。

アヴィーチーの「レイ・ミー・ダウン」で共演したナイル・ロジャースは金曜日に「ティムと君の家族へ、心の底からお悔やみを申し上げます。君は僕の弟だった。いつも愛している」とツイートした。カルヴィン・ハリスは「アヴィーチーの悲しい知らせに打ちひしがれている。美しい魂と情熱を持った大きな才能に恵まれたアイツにはまだまだやるべきことがあったのに。彼の家族に思いを馳せている。ティム、神のご加護がありますように」と綴った。

「人生やキャリアのある時点で、俺たちは誰でも自分にとって何が一番大切かを理解する」と、バーグリングは「Avīci (01)」リリース後に自身のウェブサイトに掲載したファン向けのコメントに書いていた。「俺にとってそれは音楽を作ること。俺の生きる目的がそれで、俺はそのために生まれてきたと思うんだ」と。

そして、「去年(※2016年)、俺はライブで演奏することをやめた。きっと多くのファンがあれを俺の終わりと思っただろう。でもライブ演奏の終わりがアヴィーチーや俺の音楽の終わりじゃない。ライブ演奏をやめた後、俺は全てを納得できる場所に戻った。つまり、スタジオだ。次は俺の音楽作りへの愛情をお前たちに見せることにする。これは新しいステージの始まりさ」と続いた。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヘイト年金所長更迭 被害者語る

    BLOGOS編集部

  2. 2

    イチローへの批判を選手達が一蹴

    WEDGE Infinity

  3. 3

    秋元康監修のSushi劇場が大爆死

    木曽崇

  4. 4

    欧米の1周遅れな日本は「幸運」

    橘玲

  5. 5

    橋下氏「10年前の大阪に戻すな」

    橋下徹

  6. 6

    混浴投稿の炎上に元AV女優が持論

    AbemaTIMES

  7. 7

    無料ネットサービス依存で支障も

    かさこ

  8. 8

    佳子さまのお相手質問拒否が波紋

    女性自身

  9. 9

    移民時代に問う「日本とは何か」

    BLOGOS編集部

  10. 10

    相場の倍で中古PC売る業者を直撃

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。