記事

小室圭さん実家"警護費月500万"現場訪問

1/2

結婚を2年後に延期した眞子さまと小室圭さん。結婚延期は、小室さん母子の「借金トラブル」の報道が影響しているとみられている。皇室ウォッチャーの辛酸なめ子さんは、おふたりの行く末を案じる余り、小室さんの実家周辺に足を運んだ。そこで発見し、決心したこととは――。

小室さん母子宅の地元商店街の祝賀ムードは消えていた

今年2月、宮内庁は秋篠宮家の長女・眞子さまと国際基督教大学の同級生・小室圭さん(法律事務所勤務)の結婚を2020年に延期すると発表しました。延期の理由について、眞子さまは「お気持ち」とする文書で「(結婚の)充分な準備を行う時間的余裕がない」とつづっています。しかし、それまでに一部女性誌は、小室さんの母親・佳代さんと元婚約者のA氏とのあいだに400万円超の「借金トラブル」があると報じており、それが延期の原因ではないかとも言われています。

画像を見る
週刊現代3.3号には小室さんの母親の元交際相手A氏の告白記事が掲載された。

あれから、約3カ月。小室さんは今何を思い、これからどうなっていくのか。

若いおふたりの行く末を案じながら、小室さんの家があるといわれる東急東横線の大倉山駅(横浜市港北区)の周辺を歩いてみました。駅改札を出ると、線路下にはスーパーの「東急ストア」がありました。小室さんの実家と反対側の方向には、白い瀟洒な建物で統一された商店街があり、街全体にブランド感が漂っています。小室さんのマンションに向けて歩いていくと、唐揚げ屋に花屋、トンカツの店、自然食品店、ツタヤ……何でもそろう便利な街です。

婚約内定会見のあった去年9月の時点では祝賀ムードに包まれていて、地元でとれた梅を使った梅酒で1000人以上が乾杯したそうですが、もはやそのようなムードの残留思念もありませんでした。むしろ、私が友人と小室さんのうわさ話をしていたら、通りすがりの女性に軽くにらまれたほどでした。

▼肥沃な大地で母子の夢や希望が育まれたのでしょうか

商店街から街道沿いに入ってからもしばらく歩きます。「大倉山」という地名だけあって高低差があり、脇道の住宅は階段を上っていくような造りになっていました。足腰が疲れた住民をいたわるためか、巨大な3階建てのマッサージショップがありました。「全身もみほぐし60分2960円」と看板に書かれていて、結構安いです。もしかしたらこちらで小室さんのお母さんももみほぐされたことがあったかもしれません。マスコミに追われて疲れた体を……。

20分ほど歩いたでしょうか。さらに一本入った道をまっすぐ歩いていたら、さらに小さい山が。まばらな雑木林が茂っています。山に囲まれて、都心に比べると自然豊かなロケーション。この肥沃な大地で、母子の夢や希望が育まれていったのでしょう。

小室圭さん宅のSPの警備費が「毎月500万円以上」

のどかな道を歩いていたら、少し緊張感が漂う空間に遭遇しました。

見れば、ニュースで見たことのある緑色の建物。小室さん母子が住むマンションです。その隣にはポリスボックスがあり、若い警官が立って見張っています。立ち止まれる空気ではなく、友人と会話しながらさり気なく通り過ぎました。チラッと見えたのは、外廊下と、暗いエントランス。警官は私たちが通ったあと、何か記録するためかポリスボックスに入って背を向けていました。

低層で住みやすそうなマンションでしたが、あたりに漂う重苦しい空気は、多くの国民の念が向けられているせいでしょうか。私は、警官の視線を受けて、緊張で体を少しこわばらせながら通り過ぎたマンションですが、ここで小室さん母子と、元婚約者Aさんが知り合ったことを思うと、まさに歴史的な建造物といってもいいと思います。

▼実家には「象が寝られるほど巨大なベッド」がある

「週刊現代」(3月3日号)によると、小室さんの実家には「象が寝られるほど巨大なベッド」があるとのことで、それが目の前にあるのだと思うと感慨深いです。あとから興奮と感動、そして疲労が押し寄せてきました。負の念に当たったのか、その後しばらく体調が悪くなりましたが……。

さらに「週刊現代」(4月21日号)によると、あのポリスボックスと、小室圭さんへのSPの警備費で、毎月500万円以上がかかっているそうです。婚約延期という中途半端な状況ながら、小室さんがどこか大物感を漂わせているのは、特別扱いで自信がついたからでしょうか。地元のお年寄りに挨拶され、皇族のように笑顔で会釈した、という報道もありました。厳しい状況の中、支持者には優しい小室さんです。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。