記事

原油先物、14年終盤以来の高値近辺

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間の取引で原油先物は、主要産油国の協調減産により市場の過剰供給が解消されるなか、今週つけた2014年終盤以来の高値近辺で推移している。

0129GMT(日本時間午前10時29分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.09ドル安の1バレル=73.69ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は0.07ドル安の68.22ドル。

石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国は2017年から協調減産を続けており、原油の過剰供給は解消されつつある。

北海ブレントと米WTI先物は今週、2014年11月以来の高値となる74.75ドルと69.56ドルをそれぞれ記録した。

米国がOPEC加盟国イランへの制裁を再開するとの観測も原油価格を支援している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。