記事

米司法副長官、トランプ氏にロシア捜査の標的でないと伝達

[ワシントン 19日 ロイター] - 関係筋によると、ローゼンスタイン米司法副長官は先週、トランプ大統領に対し、ロシア疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査で大統領はターゲットではないと伝えた。

ローゼンスタイン氏との会話の後、トランプ大統領は側近に対し、自身が捜査のターゲットになっていないため、モラー氏やローゼンスタイン氏を解任するつもりはないと話したという。

司法省は、大統領とのやりとりにはコメントしないとした。ホワイトハウスのコメントも取れていない。

元連邦検事でデューク大学法学院教授のリサ・カーン・グリフィン氏によると、司法省のルールでは、捜査のターゲット(target)は犯罪を犯した疑いがあり、罪に問われる可能性が高い人物を指し、捜査の対象(subject)はその行為が捜査の範囲に含まれる人物を指す。

米紙ワシントン・ポスト(WP)は今月、トランプ大統領が捜査の対象だと伝えている。

グリフィン氏によると、大統領は依然としてターゲットになる可能性があるという。

*情報を更新しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。