記事

日本でのIQOS売上鈍化でフィリップモリス・インターナショナル株が暴落

今日、フィリップモリス・インターナショナル(ティッカーシンボル:PM)株が一時-17%の暴落を演じました。

同社は今日決算発表しており、その中で1)日本におけるIQOS売上成長が鈍化している、2)タバコの出荷量が鈍化している、という二つの問題が浮き彫りになりました。

とりわけIQOSに関しては日本市場が世界の「実験場」となっており、これまでは調子よく売上を伸ばしてきました。しかしアーリーアダプターがIQOSにスイッチした後、より広範囲なユーザーに対して訴求してゆくことが難しくなっており、日本のタバコ消費の4割を占める、50代以上の老人はIQOSに切り替えようとしないという説明がありました。

なおフィリップモリス・インターナショナルはアルトリア(ティッカーシンボル:MO)の海外部門が別会社として分離されたものです。

フィリップモリス・インターナショナルの第1四半期決算はEPSが予想88¢に対し$1.00、売上高は予想70.3億ドルに対し69億ドル、売上高成長率は前年比+13.7%でした。

シガレットならびにヒート式たばこの出荷量は1738億本、-2.3%でした。

2018年通年のEPSは予想$5.26に対し、新ガイダンス$5.25~5.40が提示されました。

営業キャッシュフローは90億ドル、設備投資額は17億ドルを見込んでいます。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  6. 6

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  7. 7

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  10. 10

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。