記事

三井生命、オープン外債2400億円以上の増加見込む=18年度計画

[東京 19日 ロイター] - 三井生命保険が19日発表した2018年度の運用計画は、為替ヘッジ付き外債を数百億円程度減らす一方、ヘッジなしのオープン外債を増やす。オルタナティブ分野など新規成長領域にも投資を始める。

ヘッジ付き外債は17年度に300億円程度の減少となる。中でも、ドルのヘッジコストが徐々に上昇する過程で、ドル建ての債券からユーロ建ての債券に入れ替えを実施したという。18年度も全体として減少を見込むが、社債などクレジット投資については強化していく方針。

一方、オープン外債は増加を見込む。同社は、豪ドル建てと米ドル建てで保険や年金などを販売し、これらの売り上げ見合いで積み増している。17年度は下期から日本生命に外貨建て商品の供給を始めることで販売が拡大。全体で2400億円程度増加しており、18年度はそれ以上の増加を計画する。

18年度は新規成長領域といわれる項目を新設した。いわゆるオルタナティブの分野で、これまで投資を控えていたが、分散や運用多様化を通じて収益向上を狙う。日本生命のリソースやノウハウを活用しながら運用するという。会見した前川等執行役員運用統括部長は「これから投資することなので、リスクは少し抑え目。キャッシュフローが安定しているようなファンドなど手始めとして考えている」と述べた。

国内債券は全体として横ばいを見込む。17年度から予定利率を下げた保険商品を取り扱っており、その販売の大部分を超長期ゾーンの日本国債に投資する。クレジット投資も積み増す。

国内株式、不動産は横ばいを計画する。

(杉山健太郎 :編集 内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。