記事

ネクタイをはずさせる方法 清水剛

リンク先を見る

7月4日、政府は37年ぶりに電気事業法27条にもとづく電力の使用制限を発動した。これにより、大口需要家については昨夏の使用最大電力から15%削減した値までに電力使用が制限されることになる。実際、6月下旬はこの50年間で最高の暑さとなり、7月に入っても暑い日がつづいている。電力供給がなお不十分な状況でのこの暑さであるから、電力の使用制限は必要な措置だろう。


しかし、そのような状況であるにもかかわらず、なおネクタイを締め、スーツを着ている男性を駅などでしばしばみかける。必死に汗をぬぐっていることからも、ご本人たちにとっても決して快適ではないことが分かる。また、電力も余計にかかるという意味で社会的にも好ましいことではない。そのことはご本人たちにもよく分かっているはずにもかかわらず、なお彼らはスーツを着、ネクタイを締めているのである。これは一体なぜなのだろうか? 逆に言えば、どうやれば彼らのネクタイをはずすことができるだろうか。

ここだけ読むと冗談のようだが、実際にはかなり真剣な問題である。何せ、彼らがスーツとネクタイ姿で働くために、都心のビルでは膨大な電力を冷房に使うばかりか、その排熱でさらに気温をあげているのだから(いや、さすがにビルのなかではネクタイをはずしているかもしれないが)。そこで、この点を考えてみることにしよう。

リンク先を見る

■なぜスーツを着てネクタイを締めるのか?
ひとつの考えられる理由は、「たとえば人と会うような場合にはスーツを着てネクタイを締めることが社会的な合意であるから」というものである。前にどこかの新聞で「ポロシャツで営業に行くのはみっともない」というような意見がでていたが、このような意見の背後には、上のような考え方があるだろう。このような場合に、たとえば自分が社会的な合意から外れることは「非常識な人間である」というレッテルを貼られることにつながるため好ましくないことになる。

ここで注意しなくてはいけないことは、「みんながスーツを着てネクタイを締める」というということも社会的合意になりうると同時に、「みんながスーツを着ず、ネクタイも締めない」ということも社会的合意になりうるという点である。よくいわれるように、ハワイではアロハシャツは正装とされているし、沖縄県庁や県議会では多くの人が夏にかりゆしウェアを着ている。そうであれば、「みんながスーツを着ず、ネクタイも締めない」ということを社会的合意とすることができれば、そのような社会的合意から外れてわざわざスーツを着てネクタイを締める人はいなくなるはずである。

この場合、問題はある意味わかりやすい。すなわち、問題はいかに「スーツを着ず、ネクタイを締めない」ことを社会的合意にするか、ということであるから、そのためにはたとえば環境相がかりゆしウェアを着るというようなことも意味はあるだろう。現在の日本政府は、基本的に問題をこのようなものとして認識した上で、いかに社会的合意を変えていくか、ということに力を注いでいるようにみえる。

■社会的な合意から外れることがもたらす「誠意」
しかし、じつはもうひとつ考えられる理由がある。それは「わざわざ暑い服を着ることによって、相手に対して『誠意』を感じさせる」というものである。たとえば、わたしたちが高価なお土産を持っていく理由は、もちろん高価なほうが喜ばれるということがあるが、それとともに、お土産に対して高いお金を払うこと自体が「あなたにはそれだけのお金を使うぐらいあなたを大切にしています」というメッセージとなる、ということもある。

あるいは、忙しいときにわざわざ直接訪問する、というのも、直接訪問することによって「わたしは忙しいときにでも時間を割くぐらいにあなたを大切にしています」というメッセージとなるだろう。これと同様の論理として、「暑いのにわざわざスーツを着てネクタイを締めてきた」ということ自体が訪問先に対して「あなたを大切にしていますよ」というメッセージになるのである。

このような効果が働いてしまうと、仮にスーツを着ず、ネクタイを締めないことが社会的合意になっているとしても、スーツを着てネクタイを締める人が必ずでてくる。というより、そのような社会的合意ができている状態においてこそ、わざわざスーツを着、ネクタイを締めて訪問することのメッセージ性が高まるのである。そして、そのような人がでてきてしまえば、そもそもスーツを着ず、ネクタイを締めないという社会的な合意自体も壊れてしまう。

もし、人々がこのような理由でスーツを着、ネクタイを締めているのであれば、上のように政府が社会的合意をつくろうとしても上手く行かない。最初の理由とは異なり、この場合には「スーツを着ない」という社会的な合意から外れることにむしろプラスの意味をもってしまうのである。

■メッセージの受け手が評価軸を変更すれば
困ったことに、このような状況を政府が変えるのは難しい。政府がスーツ・ネクタイを全面禁止するというのであれば別かもしれないが、たとえば政府が「カジュアルな格好が好ましい」といえばいうほど、そのような状況で『わざわざ』スーツを着てネクタイを締めることが相手に対するプラスのメッセージになってしまいかねない。ゆえに、このような状況を変えるには政府よりも、メッセージの受け手がメッセージの受け取り方を変えるしかない。

たとえば、企業の購買部門が「スーツを着、ネクタイを締めてきた営業の人からは一切物を買わない」という規程をつくり、取引先に周知するというのはどうだろうか。そこまでしなくても、「このご時勢にスーツを着て、ネクタイを締めるのは、電力不足を悪化させ、地球環境にも悪影響があり、見た目にも暑苦しいので好ましくない」という認識をもつようになればよい。要は、スーツを着てネクタイを締めることに(少なくともこの夏は)プラスの評価を与えなければよいのである。

ネクタイのルーツは必ずしも明確ではないが、一説にはローマの兵士たちが防寒のために首に巻いた布であるという。もし、そうであれば、夏にわざわざネクタイをすることもないだろう。「スーツを着てネクタイを締めるのは社会的に好ましくない」という認識が広まってくれば、自然にスーツを着、ネクタイを締める人の数も少なくなり、電力不足にも少しはよい影響があるのではないだろうか。ぜひ、企業の購買部門だけでなく広くお考えいただき、できれば実行していただければと思う。政治がどうこう、東京電力がどうこうと評論する前に、自分の身の回りでやれることもあると思う。

■本日の一冊

リンク先を見るミクロ経済学 戦略的アプローチ
著者:梶井 厚志,松井 彰彦
販売元:日本評論社
(2000-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この話のいくつかのパーツをどこかで聞いたことがあるな、と思われた方がいらっしゃるかもしれない。じつは、ここでの話は、数式も利得表も入れていないがゲーム理論の考え方(だけ)をところどころで使っている。ということで、ゲーム理論の様々な考え方を面白くかつ分かりやすく説明しながら、ミクロ経済学に導いてくれるこの本を挙げておこう。お話を上手く使いながらきちんと説明してくれるので、とっつきやすいのではないかと思う。

清水剛(しみず・たかし)/記事一覧
1974 年生まれ。東京大学大学院経済学研究科修了、博士(経済学)。東京大学大学院総合文化研究科・教 養学部准教授。専門は経営学、法と経済学。主な著書として、「合併行動と企業の寿命」(有斐閣、2001)、「講座・日本経営史 第6巻 グローバル化と 日本型企業システムの変容」(共著、ミネルヴァ書房、2010)等。

シノドスのメールマガジンはこちらをクリック!!リンク先を見る

通勤・通学時間を利用して、現代社会の「基礎知識」を身につけよう!!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。