記事

セクハラ、パワハラ対策で「こっそり録音」「iPhoneで録音」のテクを身に付けよう

1/2

いやあ、相撲協会、レスリング協会のパワハラにはじまり、わたしとバトった米山知事の援交に官僚のセクハラと、ハラスメントが今年の流行語対象かっていうほどの2018年です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

しかしこんな時代には、「会話を録音する」というのがひとつのトレンドになるかもしれません。この相手はセクハラやパワハラしそうだなと思ったらあらかじめ用意して備える。もっとも法的には「録音して良いですか」って訊かないと勝手に録音しても裁判の証拠にならないこともあります。あくまでもハラスメント対策で差し違えるためにご用意ください。

一番簡単なのはボイスレコーダーでAmazon見ていたら面白いものが結構出てる。



これ、普段はペンとして使えて、ペンを使うように頭をカチッと押すと録音開始。福田次官を取材したテレビ朝日の記者も、取材する時にこれを使っていたのかも ww
取材相手や契約相手にセクハラ、パワハラされそうなときはぜひ。Amazon見ていたら似たようなのがたくさん出ていてしかも安っ!!!3000円代でいろんなのがありますので好きなデザインのものを選んでください。

まずは元からはいってるボイスメモ

しかし、せっかくiPhoneもってるし、はなから警戒してなかったけど急に成り行き的に危なくなってきた時は手元のiPhoneで録音ができます。まずは元から入ってるボイスメモっていうアプリです。
操作は簡単で



この赤いボタンを押すと録音が始まります。録音していると待ち受け画面でも上に赤いバーが出てます。しかしセクハラされているときにiPhone取りだしてボイスメモ開きだしたらバレバレですので、トイレにたって録音をスタートして、あとはバッグに入れてテーブルの上に置くのがよろとしいかと。
Apple Watchから操作できるかなと思って見てみましたけどダメでした。

録音時間ですが、iPhoneの空きによります。空き容量1GBで約37時間録音可能だそうです。SEの32GBの一番安いの買って写真で満杯で空きがほとんどない場合はすぐ録れなくなる。万一の事を考えて自分は256GBにしております www

ボイスメモのデータはメール添付で送れるので、録ったら週刊文春でも新潮でもお好きな方に。
週刊文春の送り先
週刊新潮の送り先

ただ、週刊誌は相手が政治家とか有名人じゃないと掲載してくれません。会社の上司のパワハラならもっと上の上司とかコンプライアンスの窓口。社長にパワハラされたら労基署、セクハラなら警察がオススメです。
マルチや宗教のしつこい勧誘にもこの作戦は使えますね。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    第2回 どうして参政党を作ったのか。なぜ国政政党で国会議員の排出を目指すのか。

    神谷 宗幣

    01月24日 12:01

  2. 2

    安倍晋三氏 国会そっちのけで安倍政権の検証本を熟読 エゴサに透ける再々登板への色気

    SmartFLASH

    01月24日 15:54

  3. 3

    「やめてもらえませんか」電車内での喫煙を注意した高校生が10分以上も暴行を受ける 他の乗客は止めず

    ABEMA TIMES

    01月24日 18:25

  4. 4

    ウクライナ巡り高まるアメリカとロシアの緊張 バイデン外交はロシアに対峙できるか?

    ヒロ

    01月24日 10:52

  5. 5

    米政府、在ウクライナ大使館員の家族に退避命令

    BBCニュース

    01月24日 11:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。