記事

関節痛のシベリアトラ、ハンガリーで幹細胞を用いた再生治療受ける

[セゲド(ハンガリー) 18日 ロイター] - ハンガリーの動物園で18日、絶滅危惧種のシベリアトラが、幹細胞を利用した関節の再生治療を受けた。薬品の投与を減らし、生活の質(QOL)を上げることが期待されている。

手術を受けたのは、13歳のシベリアトラのイーゴリ。同国南部の都市セゲドにある動物園で暮らしており、股関節の痛みに長年苦しんでいた。

治療方法は、皮下にある脂肪から再生能力のある脂肪幹細胞を採取し、培養したものを関節に移植するやり方で、人間向けの再生医療が応用された。

執刀した獣医師は「幹細胞を用いた再生医療は、手術や薬物療法では症状が改善しない患者のQOLを改善することが可能だ」と説明。「人間と同様、イーゴリのすり減った関節は幹細胞の再生能力により、外的物質を投与することなく回復するだろう」と述べた。

手術中、イーゴリは鎮痛剤で落ち着いた様子だったという。数週間後に獣医師が関節の状態を検査することになっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  5. 5

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  6. 6

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。