記事

パワハラはテレビ局、セクハラは事務次官

財務省の福田事務次官からセクハラ被害を受けていた女性記者というのは新聞記者ではなく、テレビ朝日の記者だったらしい。
1年半も前から電話で呼び出されて、何度も会食して、セクハラが苦痛で会話をこっそり録音していたという。

苦痛なら会うこと自体を拒否すればいいのに、「組織人」としては会って取材しなければならなかったらしい。
ならば上司に担当を替えてくれと言えばいい。
上司がそれを拒否したのなら、テレビ朝日の上司こそがパワハラの主役だ。

パワハラはテレビ朝日にあり、セクハラは事務次官にあったということだろう。

美人で才媛の記者をホステス替わりに使って、男のスケベ心に乗じてネタを取ろうというのがテレビ局の戦略なのだから、事務次官は思惑通りに嵌っただけじゃないか。

しかもセクハラを報道してくれと女性記者が上司に頼んだら、拒否されたという。
拒否されたから週刊新潮に垂れ込んだのだ。
無茶苦茶だな。 

「他の被害者が出ないように」という正義を掲げても、無断で録音した音声を他の報道機関に提供して、報じてもらうというのは、ジャーナリズムの精神に反している。
会社を辞めて他の報道機関に垂れ込むなら「個人」の判断としてまだ理解できるが、「組織人」のまま、それをやるのはプロとは言えない。

ある意味、福田事務次官はハニートラップに引っ掛かって理性を崩壊させた憐れなスケベオヤジにも見えてしまう。

セクハラと聞けば条件反射で批判すればいいってもんじゃない。
今のテレビを見てたらアナウンサーも美人しかいない。
美人アナウンサー、美人記者を使って、情報をとること自体が、男の欲望を利用する作戦じゃないか。
テレビ局こそがセクハラとパワハラの主体だ。
そのくらい常識ある大人なら分かるだろう。

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    不登校YouTuber炎上は新聞の責任

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  9. 9

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。