記事

パワハラはテレビ局、セクハラは事務次官

財務省の福田事務次官からセクハラ被害を受けていた女性記者というのは新聞記者ではなく、テレビ朝日の記者だったらしい。
1年半も前から電話で呼び出されて、何度も会食して、セクハラが苦痛で会話をこっそり録音していたという。

苦痛なら会うこと自体を拒否すればいいのに、「組織人」としては会って取材しなければならなかったらしい。
ならば上司に担当を替えてくれと言えばいい。
上司がそれを拒否したのなら、テレビ朝日の上司こそがパワハラの主役だ。

パワハラはテレビ朝日にあり、セクハラは事務次官にあったということだろう。

美人で才媛の記者をホステス替わりに使って、男のスケベ心に乗じてネタを取ろうというのがテレビ局の戦略なのだから、事務次官は思惑通りに嵌っただけじゃないか。

しかもセクハラを報道してくれと女性記者が上司に頼んだら、拒否されたという。
拒否されたから週刊新潮に垂れ込んだのだ。
無茶苦茶だな。 

「他の被害者が出ないように」という正義を掲げても、無断で録音した音声を他の報道機関に提供して、報じてもらうというのは、ジャーナリズムの精神に反している。
会社を辞めて他の報道機関に垂れ込むなら「個人」の判断としてまだ理解できるが、「組織人」のまま、それをやるのはプロとは言えない。

ある意味、福田事務次官はハニートラップに引っ掛かって理性を崩壊させた憐れなスケベオヤジにも見えてしまう。

セクハラと聞けば条件反射で批判すればいいってもんじゃない。
今のテレビを見てたらアナウンサーも美人しかいない。
美人アナウンサー、美人記者を使って、情報をとること自体が、男の欲望を利用する作戦じゃないか。
テレビ局こそがセクハラとパワハラの主体だ。
そのくらい常識ある大人なら分かるだろう。

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  6. 6

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  7. 7

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  8. 8

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  9. 9

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。