記事

パワハラはテレビ局、セクハラは事務次官

財務省の福田事務次官からセクハラ被害を受けていた女性記者というのは新聞記者ではなく、テレビ朝日の記者だったらしい。
1年半も前から電話で呼び出されて、何度も会食して、セクハラが苦痛で会話をこっそり録音していたという。

苦痛なら会うこと自体を拒否すればいいのに、「組織人」としては会って取材しなければならなかったらしい。
ならば上司に担当を替えてくれと言えばいい。
上司がそれを拒否したのなら、テレビ朝日の上司こそがパワハラの主役だ。

パワハラはテレビ朝日にあり、セクハラは事務次官にあったということだろう。

美人で才媛の記者をホステス替わりに使って、男のスケベ心に乗じてネタを取ろうというのがテレビ局の戦略なのだから、事務次官は思惑通りに嵌っただけじゃないか。

しかもセクハラを報道してくれと女性記者が上司に頼んだら、拒否されたという。
拒否されたから週刊新潮に垂れ込んだのだ。
無茶苦茶だな。 

「他の被害者が出ないように」という正義を掲げても、無断で録音した音声を他の報道機関に提供して、報じてもらうというのは、ジャーナリズムの精神に反している。
会社を辞めて他の報道機関に垂れ込むなら「個人」の判断としてまだ理解できるが、「組織人」のまま、それをやるのはプロとは言えない。

ある意味、福田事務次官はハニートラップに引っ掛かって理性を崩壊させた憐れなスケベオヤジにも見えてしまう。

セクハラと聞けば条件反射で批判すればいいってもんじゃない。
今のテレビを見てたらアナウンサーも美人しかいない。
美人アナウンサー、美人記者を使って、情報をとること自体が、男の欲望を利用する作戦じゃないか。
テレビ局こそがセクハラとパワハラの主体だ。
そのくらい常識ある大人なら分かるだろう。

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  2. 2

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  3. 3

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    マツコ 人付き合いない方がいい

    キャリコネニュース

  5. 5

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  6. 6

    日本が韓国を提訴 金融支援巡り

    ロイター

  7. 7

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  8. 8

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民・下村氏の「けじめ」は不足

    大串博志

  10. 10

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。