記事

デビッド・カッパーフィールド、裁判でやむなくイリュージョンのタネ明かし

image
ラスベガスの裁判所に出廷したデビッド・カッパーフィールド(写真:AP/アフロ)

世界で最も稼げるマジシャン、デビッド・カッパーフィールド(61)が苦境に立たされている。

2013年、MGMグランドホテルで行われたショーに観客として来場していた英国人男性ギャヴィン・コックスが、カッパーフィールドのトリックによって身体と脳に損傷を負ったと主張し、損害賠償を求めてカッパーフィールドを訴えたのだ。

17日の公判では、カッパーフィールドの友人でショーのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるクリス・ケナーが出廷。ステージに上げた観客を消し、会場の後方に再び出現させるという有名なマジックのトリックを、陪審員に向けて事細かに解説することを強いられた。

ランダムに選ばれた観客は、懐中電灯を持った舞台係の誘導に従って暗いカーテンに覆われた隠し通路を急いで通り抜けるよう言われる。この通路はホテルの外やキッチンにも通じており、会場の後方まで続いている。そして、クライマックスの瞬間に合わせて観客を登場させるという、意外とシンプルなトリックだった。コックスは、この通路を走っているときに転んで負傷し、これまでに40万ドルの治療費がかかったと主張している。

コックスの弁護士は、この通路が非常に暗かった上にホテルが工事中であったこと、そして、事前に足元の危険を知らされなかった点を指摘。これに対し、MGMグランドの弁護士は「コックスが通る10分前にカッパーフィールドも同じ通路を歩いたが、全く危険はなかった」と反論。カッパーフィールドの弁護団も、コックスのケガとトリックには一切の関連はないとしている。公判の行方は、また後日お伝えする。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  2. 2

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  10. 10

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。