記事

北朝鮮の核廃絶が"ありえない"2つの理由

2/2

望まぬ戦争をもたらす「敵意のスパイラル」

冷戦時代の米ソの対立のような核戦力を媒介にしたものから、近代以前の通常兵力を媒介した対立まで、「抑止政策」は幅広く機能し、それなりの効果をあげてきました。一方で、ひとたび均衡が失われると、抑止効果がすぐに壊れてしまうことも、歴史が証明しています。

第1次世界大戦の勃発前、主要なヨーロッパ列強は「抑止政策」によって戦争を回避しようとしました。急速に台頭するドイツの脅威に恐怖を感じたロシアとフランスは、露仏同盟を結びます。さらに、ロシアは軍備を急速に増強し、フランスの資金援助で鉄道網も拡充させました。

ロシアもフランスも現実には戦争を望んでおらず、防御を固めようとしただけだったのですが、ドイツはこれを戦争の準備と捉えました。そして、1914年のサライェヴォ事件発生後、ロシアが防備のために動員した陸軍がドイツの猜疑心と恐怖心をかき立て、ドイツ軍によるロシアへの攻撃へとつながりました。

防備を固めることで他国の攻撃を抑止しようとしたものの、その意図とは裏腹に、かえって他国の攻撃を招いてしまった事例です。このような皮肉は「セキュリティー・ジレンマ」(1951年、国際政治学者ジョン・ハーツによる命名)と呼ばれます。

第1次世界大戦勃発前のドイツは、周辺の列強の動きによって、極度の心理的ストレスの中にありました。このようなストレスの中で、防御と攻撃を区別することなどできません。「抑止政策」は相手の不安と恐怖を増大させ、バランス感覚を失わせ、本来ならばあり得ないような極論へと導くこともあるのです。

国同士が相互に不安と恐怖をエスカレートさせていく状態を、アメリカの国際政治学者ロバート・ジャーヴィスは「敵意のスパイラル」と呼び、「抑止政策」が失敗する最大の理由であると指摘しました(※2)。

「抑止政策」は、相手が「合理的な判断」をするという前提の上に成り立つものです。ジャーヴィスはこの「合理的な判断」が、「敵意のスパイラル」に陥っている国々にとっては確保し得ないものであり、その結果として危険なチキンゲームが双方に破滅をもたらすと、「抑止政策」を批判しました。

北朝鮮のような独裁国家では、極度の心理的ストレスを、独裁者がほとんど一人で背負わなければなりません。そのストレスに耐えられず、「合理的な判断」が吹き飛んでしまうリスクは、通常の国家と比べてはるかに高いとも考えられます。もしそうなれば、「抑止政策」は効かないどころか、むしろ戦争を誘発する原因となってしまいます。

北朝鮮にとって核保有は絶対的利益

一方、「抑止政策」が北朝鮮に効いているとする見解もあります。3月に、北朝鮮が核放棄を前提に対話に応じる準備があると表明したことは、昨今の制裁圧力やトランプ政権の威嚇が北朝鮮を対話に向かわせた結果であるという見解です。しかしこれは、率直に言ってお気楽な話だと思います。

北朝鮮はそもそも核を放棄しません。北朝鮮が査察を受け入れて非核化を保障するなど、あり得ないことです。北朝鮮は核さえ持てば、体制を維持することができ、結局、アメリカなどの他国も自分たちの要求に屈することになると考えています。核保有は、北朝鮮のような「ならず者国家」にとって絶対的な利益です。核を放棄したことで得られるいかなる報償も、その絶対的利益の前には無力です。

そして、何よりも、時間的要因を考慮に入れなければなりません。これまでの「抑止政策」に基づく駆け引きが、結果として北朝鮮に多くの時間を与え、同国が核戦力を実戦配備できるレベルに到達しつつある経緯を考えれば、もはや「抑止政策」の限界をこそ認識するべきでしょう。

「ブッシュ・ドクトリン」の封印を解くこと以外に、この危機を根本的に解決する手段を、残念ながら今、世界は持ち合わせていません。トランプ大統領はマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任し、後任にジョン・ボルトン氏を充てました。ボルトン氏はジョージ・W・ブッシュ政権下で国務次官(軍備管理担当)として、「ブッシュ・ドクトリン」をイラク戦争で遂行した実務家です。北朝鮮に対しても、強硬な主張をしているボルトン氏の起用が何を意味するのか、注目されています。

(※注1)ジョージ・ケナン、清水俊雄(翻訳)、奥畑稔(翻訳)『ジョージ・F・ケナン回顧録II』(中公文庫)2017年、原書は1967年、『Memoirs』(Little, Brown)
(※注2)ロバート・ジャーヴィス、荒木義修、他(翻訳)『複雑性と国際政治――相互連関と意図されざる結果』(ブレーン出版)2008年、原著は1997年、『System Effects:Complexity in Political and Social Life』(Princeton University Press)

宇山卓栄(うやま・たくえい)
著作家。1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。おもな著書に、『世界一おもしろい世界史の授業』(KADOKAWA)、『経済を読み解くための宗教史』(KADOKAWA)、『世界史は99%、経済でつくられる』(育鵬社)、『「民族」で読み解く世界史』(日本実業出版社)などがある。

(写真=EPA/時事通信フォト)

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。