記事

昨年の43倍ってどういうこと!? ヒノキ花粉はなぜ増えた?


【スギ花粉の後も鼻水が止まらないかも(AFLO)】

 今年の花粉シーズンはまだ終わらない。スギ花粉はピークを過ぎたが、続いてやってきたヒノキ花粉の飛散量が観測史上最高のペースとなっている。

 日本気象協会は4月6日に急遽、〈今年はヒノキ花粉がとにかく多い!〉と速報を出し、東京都心で3月末までに観測されたヒノキ花粉の量が昨年同時期に比べ「43.6倍」と発表した。

 それにしても“数倍”ならともかく、「43倍」とはどういうことか。ヒノキ林が拡大したとは思えないが……。森林総合研究所植生管理研究室の倉本恵生室長は「そうじゃないですよ」と苦笑してから、こう解説してくれた。

「夏に日照量が多く、気温が高いと花粉を飛ばす雄花の数が増え、翌年の飛散量も増えるのです。調査したところ、昨年は花をつけていなかったヒノキの木に今年は花が咲いているというケースが多かった。昨夏の初めに猛暑日が続いたことが、大量飛散に繋がったと考えられます」

 乱暴に言えば“雄花が43倍咲いた”ということらしい。そうは言っても3月までにこれだけ飛散してしまえば、飛散のピークは早々に終わってしまうのではないかと思えるが……それもまた素人考えのようだ。

「山に多く生えているヒノキは標高の低いところから開花していく。これからは標高の高いところに生えている木から大量に飛散する可能性があります」(同前)

 どうやら花粉症の苦しみはまだまだ続きそうだ。しかもその影響は何と「来年」にも及ぶという。日本橋大河原クリニック院長の大河原大次氏(耳鼻咽喉科専門医)が語る。

「今回のような大量飛散の翌年には体内で花粉に反応する抗体が作られるので、アレルギー反応(花粉症)を引き起こす人が増える傾向があります」

 これまで花粉症とは無縁だった人も、安心してはいられないようだ。

※週刊ポスト2018年4月27日号

あわせて読みたい

「花粉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。