記事

円谷プロが中華ウルトラマン退治へ 「勝利願う」と中国ファン


【妙にアゴが長い(Imaginechina/AFLO)】

“ウルトラマン”が中国企業を相手に戦っている。問題となっているのは、中国・広東省のCG会社が制作、昨年10月に中国で公開された映画「鋼鐡飛龍之再見奥特曼(ドラゴンフォース 帰ってきたウルトラマン)」。映画は全編CG映像で作られた。

 制作発表には、鋭く顎が尖ったマスクをかぶり、ボディペインティングを施した“中華ウルトラマン”が登場。もちろん日本の“本家”とは別物で、ウルトラマンシリーズを制作した円谷プロ側は警告を繰り返したが、中国企業はこれを無視してきた。

 と、ここまではよくある“中国パクリ騒動”に見えるのだが、今回は少し様相が異なる。知的財産権に詳しい西澤滋史弁護士が語る。

「実は、海外におけるウルトラマンの著作権問題はかなり複雑で、国によって見解が割れているのです」

 問題を複雑にしているのは、「1970年代に、初期のウルトラ作品(ウルトラQからウルトラマンタロウまで)の独占的利用権を譲渡された」と主張するタイ人実業家の存在だ。この実業家は、円谷プロと交わしたという“契約書”を盾に、タイや中国でウルトラマンビジネスを展開。両者は1990年代から複数の国で権利を巡る裁判を繰り返してきた。

 中国企業が強気なのは、日本と中国の最高裁で、過去に「譲渡契約は有効である」との判決が下されているためだ。

 だが、円谷プロは引き下がらない。今年に入り同社は「当社の合法的な権利を守り抜くために、今後も引き続き法的措置等により、権利侵害行為と戦っていく所存です」と反撃の狼煙を上げ、中国企業を提訴。3月、上海の裁判所に受理された。

 意外にも、今回は中国のウルトラマンファンもいたって冷静で、「これは国際的な恥」、「ウルトラマンが日本のものだというのは、誰でも知っている」、「円谷プロの勝利を願っている」といった声が上がっている。前出の西澤弁護士が言う。

「中国側に新シリーズの制作権があるかどうかがポイントになるでしょう。かつて円谷プロとタイ人実業家の間にどのようなやり取りがあったのか。そこまで遡って徹底的に検証する必要があると思います」

 この話、とても3分間では片付きそうにない。

※週刊ポスト2018年4月27日号

あわせて読みたい

「知的財産権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  5. 5

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  6. 6

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  9. 9

    丸山議員の姑息な論点すり替え

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。