記事

セクハラと痴漢とパワハラ、全部違う

財務省の福田事務次官が辞職したらしい。
報道後の「対応」を誤ったからだ。
報道後に、素直にセクハラを認め、謝罪すれば、辞職しなくてもよかったはずだ。
対応が最悪だから辞職に追い込まれたのだ。 

言っておくが「セクハラ」と「痴漢」は同等の性犯罪ではない。
痴漢は「違法行為」であり犯罪だが、セクハラは「不道徳」である。
セクハラで逮捕されることはない。
セクハラを違法にするには、まずセクハラを定義しなければならない。

セクハラには許容度において、グラデーションがあり、ホステス気質の女性なら上手にいなせるし、森繁や高田純次のように、軽口として許してもらえる場合もある。
「じゅん散歩」で、高田純次が「キスミープリーズ」を連発していたが、物わかりの悪い女性にはセクハラと言われかねない。

新聞労連の「セクハラは人権侵害」という言い方も過剰で危険だ。
社会に許容度がどんどんなくなる恐ろしさを感じる。
共謀罪にも似た全体主義的恐怖を感じる。

福田事務次官がセクハラをしたのは間違いないが、パワハラをしたのかどうかが分からない。
セクハラとパワハラは違う。
パワハラは権力を背景に行う。
寝なければ職を干すぞというような恫喝があったのか? 

むしろパワハラは新聞社の方にあったのではないか?
ホステスとなって色仕掛けで情報を取れという意図で、女性記者を使ったのなら、それこそがパワハラである。

パワハラ・セクハラに、女性記者が泣かされていたのなら、告発するべきは新聞社であったはずだ。
なぜ週刊新潮にリークしたのか?
この事件の本当の悪は新聞社ではないのか?

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  6. 6

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  7. 7

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  10. 10

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。