記事

日本経済にとって真の「オオカミ少年」は誰なのか? 片岡剛士

リンク先を見る

デフレから一向に脱却できない日本経済の最中にあって、東日本大震災が生じ、さぞや白川総裁は対応に苦慮されていることとお見受けします。そんな中、日本金融学会2011年度春季大会での総裁の特別講演の模様が報道されており拝見する機会がございました。
記事は「警鐘はオオカミ少年ではない、国債引き受けは通貨の信認低下」と題するものです(http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-21413320110528)。これによれば、『現在の日本の財政の状況は「非常に深刻」だが、「長年、財政状況が悪いにもかかわらず、国債は円滑に消化され、長期国債の金利も低位で安定的に推移しているため、財政悪化に伴う危険に警鐘を鳴らす議論は時として『オオカミ少年』のような扱いを受けることがある。しかし、どの国も無限に財政赤字を続けることが出来る訳ではない。政府の支払い能力に対する信認は非連続的に変化しうる」と述べた』と書かれております。

私がこの文面を読みまして思いあたったのは、日銀の国債引き受けを行った高橋是清ではなく、リフレーション政策を提唱した高橋亀吉が当時を回想して述べている点に関してです。詳細は『高橋経済理論形成の60年(上)』(投資経済社)に収録されておりますが、以下、高橋亀吉の証言から考えてみたいと思います。

■オオカミ少年は誰なのか?−高橋亀吉の証言から
まず昭和恐慌に陥っていた際の日本の経済状況は、生産の一大過剰と、物価の崩落、設備の一大過剰、大量の失業者に悩まされていたという状況でした。高橋亀吉は、こうした現状を考慮のうえで、(軍事的支出ではない)財政・金融政策の総動員によりデフレギャップを埋め、物価をデフレからインフレへと導くリフレーション政策の実行を主張したわけです。

さらに高橋亀吉は、当時の日本では経済再建の目的に立った意図的・計画的なリフレーション政策が実行されず、軍部の強大な軍事財政支出の要求という、軍部にひきずられる形で、結果的にリフレーション政策が進行したと回想しています。

大蔵・日銀両当局は、既に軍事予算でインフレ政策を行っていることを理由に、高橋亀吉が言う、軍事財政支出拡大ではない本式のリフレーション政策は必要でないという立場に固執しました。しかし、軍事予算そのものの拡大はどこで止まるのか分からなかったため、大蔵・日銀両当局は、財政上の公債支出をインフレ激化の危険多大なりとして警告し続け、一方で軍部の要求に引きずられて、結局は赤字公債政策を繰り返したわけです。

確かに、高橋是清の存命時には、財政・金融政策の実行が大蔵・日銀両当局が懸念するインフレ激化をもたらすことはありませんでした。しかし、高橋是清が暗殺された後、過大な軍事支出は、強大なインフレ圧力となって、日本経済を襲うことになりました。

なぜ軍部が、軍事支出の拡張を進めたのかといえば、高橋是清の存命時の財政・金融政策が、大蔵・日銀の警告にもかかわらず過大なインフレをもたらなかったため、「軍事支出の拡張が、無限に国民経済の発展と両立しうるかに軍部をして錯覚させた」ためだと高橋亀吉は述べています。

それではなぜ、高橋是清の存命時に、巨額の軍事財政支出を背景とした、財政・金融政策の実行がインフレ激化をもたらさなかったのでしょうか。高橋亀吉は、この理由を「多大な、物資と設備と労力の、過剰遊休があったからだ」と述べています。つまり、総供給に対して、総需要が足りていないという、デフレギャップというモノ余り状態が生じており、その結果、デフレに陥っていたからだと述べています。つまり、高橋是清の政策により、デフレギャップが除かれる過程においては、財政・金融政策は、リフレーション作用を及ぼすのみで、急激なインフレ作用をもたらすことはなく、逆に経済の繁栄を招いたのです。

以上の経験に照らして考えると、「財政悪化に伴う危険に警鐘を鳴らす議論は時として『オオカミ少年』のような扱いを受けることがある」という総裁のご指摘は、高橋是清が存命していた際の大蔵・日銀当局が、同じく、「デフレギャップが存在し、デフレが続いているにも関わらず、『インフレ激化の危険多大なり』と警告し続けていた姿」に酷似しているように思えるのです。

■震災後の物価動向
なお、私自身は、GDPギャップや物価指数の動向からみて、震災後も現状はデフレであることは明らかであると考えております。具体的には、2011年1〜3月期のGDP統計及び震災の影響を考慮したGDPギャップの推計結果(http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2011/0530/993.html)等から現状20兆円程度のデフレギャップが引き続き存在していると考えられること、2011年1〜3月期のGDPデフレーターは前年同期比マイナス1.6%と6四半期連続のマイナスとなり、前期からマイナス幅が拡大したこと、基準時点からの乖離を調整したラスパイレス連鎖基準方式の消費者物価指数でみて、生鮮食品を除く総合指数が2011年4月に前年同月比マイナス0.3%、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数が2011年4月にマイナス1.1%と物価下落が続いていること、が挙げられます。

この認識が正しいとすれば、総裁の「オオカミ少年」的発言は、現状のデフレを是とする発言であり、到底納得のいくものではありません。そして総裁の「オオカミ少年」的発言が誤りであることが明白なものとなることこそが、逆にその後の急激なインフレを惹起するのではないかと恐れるのです。つまり、総裁ご自身の発言こそが将来の急激なインフレをもたらすきっかけになりはしないかということです。

勿論、震災後の日本経済の状況をご覧になれば、今後はデフレともインフレとも付かぬ不確実な局面が生じるという総裁の観察は正しいものかもしれません。それならば、物価に関して明確にインフレターゲットというアンカーを設け、その下で政策運営をすべきです。菅政権の現状を見ておりますと、強力な財政・金融政策ではなく、強力な財政引き締めが強行される懸念も十分に現実味を帯びているように思えますが、総裁の「オオカミ少年」とも思える慎重なお立場が、日本経済の停滞を更に助長することをあわせて恐れる次第です。

※本エントリは、片岡剛士の経済解説メルマガ「The Neo Economist」最新号の記事を改題・追記の上でまとめたものです。「The Neo Economist」は毎週月曜発行。月額298円(税込)。

詳しくはこちらをどうぞ! ⇒ http://www.mag2.com/m/0001243115.html

『The Neo Economist』Facebookページ:http://www.facebook.com/TheNeoEconomist

片岡剛士(かたおか・ごうし)/記事一覧
1972 年生まれ。慶応義塾大学大学院商学研究科前期博士課程(計量経済学専攻)修了。現在三菱 UFJリサーチ&コンサルティング経済・社会政策部主任研究員。専門は応用計量経済学、マクロ経済学。著作に『日本の「失われた20年」-デフレを超える 経済政策に向けて』(藤原書店、2010年、第4回河上肇賞本賞受賞)等。

リンク先を見る日本の失われた20年 デフレを超える経済政策に向けて
著者:片岡 剛士
販売元:藤原書店
(2010-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

シノドスのメールマガジンはこちらをクリック!!リンク先を見る

通勤・通学時間を利用して、現代社会の「基礎知識」を身につけよう!!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。