記事

文化放送が月額500円で「落語専門配信サービス」

文化放送は、落語コンテンツ専門オンデマンド配信サービス「らくごのブンカ」をスタートした。月額500円(税別)の定額制聴き放題サービスで、当初は全60席を提供し「今後、随時追加していく」と言う。また、今回のサービス開始を記念して、6月末までの期間限定で、登録初月は利用料無料となるキャンペーンを実施。まずは会員3千人獲得を目指すとしている。

配信する音源は、文化放送・小学館共催の落語会「かもめ亭」で収録した柳家喬太郎の落語(「すみれ荘201号」「白日の約束」ほか)や、本寸法で古典落語が聴ける本格派落語会「三田落語会」ストリーミング版音源も含め、全60席。真打だけでなく、二ツ目落語家による人気ユニット「成金」メンバー(柳亭小痴楽、瀧川鯉八、春風亭昇々)による高座音源などで、今後は随時追加予定だと言う。

同局は昭和27年3月の開局当初から「落語」を放送するなど、同局の歴史と落語の関係は深く、片寄好之取締役は「これまでのアーカイブの中から順次提供していくほか、落語会を開いて収録し新作を提供していく」としている。

また「システム上、動画も可能なので、今後動画配信も検討していく」予定だとし、同局の上口宏社長は「落語をA&Gに次ぐ、コンテンツに育てていきたい」と意欲を見せている。

あわせて読みたい

「ラジオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  4. 4

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  5. 5

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  6. 6

    日本がラグビー界に衝撃 海外紙

    文春オンライン

  7. 7

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  10. 10

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。