記事

米国土安全保障長官、EU個人情報保護法の「意図せぬ影響」警戒

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - ニールセン米国土安全保障長官は17日、欧州連合(EU)が個人情報保護を巡り来月施行する厳格な「一般データ保護規則(GDPR)」について、米国のサイバー攻撃対策に「意図せぬ悪影響」が及ぶ可能性があると警告した。

長官はサイバーセキュリティーに関するイベントで講演し、インターネット上の個人情報保護は重要で、それぞれの国や文化によって状況が異なると指摘。

そのうえで、「調査機関がわれわれに(サイバー攻撃の)脅威が迫っていると警告することを妨げるという意図せぬ影響が及ぶことは望まない」と強調。

「つまり、市民のプライバシーを保護しようとすると、多くの事業者や調査機関は攻撃の傾向を調べるために情報にアクセスすることができなくなる」と主張した。

米政府の複数の当局者は最近、GDPRについて公の場で懸念を表明しているが、閣僚ではニールセン氏が初めて。米議会が包括的な個人情報保護法案の策定に動いた場合も、トランプ政権は抵抗する可能性がある。

米ホワイトハウスのサイバーセキュリティー・コーディネーター、ロブ・ジョイス氏は16日にツイッターで、GDPRは「インターネット上の有害なドメインを特定する主要ツールを阻害」することになると批判。「サイバー犯罪者はGDPRを称賛している」とつぶやいた。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。