記事

福田淳一事務次官のセクハラ問題 更迭すべき? どちらでもいいですが財務省の本丸は森友学園問題です

 福田淳一事務次官が女性記者に対して露骨なセクハラ発言をした、と週刊新潮が報じているそうです。

 音声まで残っていて、それが福田氏自身の声であることはご当人も認められているようです。
 だからセクハラか?
 福田氏はセクハラと評価されることを否定しました。週刊新潮を名誉毀損で訴訟提起するとも言っています。
 音声として残っているとされるものはあまりに下品な内容なので、ここには記しませんが、それだけを取り出してセクハラか、と言われるとどのような状況で誰に対してなされたものであるのかが特定されないのでは、「糾弾」ということには私は正直、躊躇します。

 財務省は、被害を受けた女性記者に対して調査に協力するよう呼びかけるという普通ではない方法を選択しました。

被害者は「連絡を」 調査手法に懸念 次官セクハラ疑惑」(朝日新聞2018年4月16日)
「財務事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑が週刊新潮で報じられた問題で、財務省が記者クラブの加盟社に、調査への協力を要請した。各社の女性記者に対し、次官からセクハラを受けた経験があれば弁護士に連絡してほしいと求める異例の内容だ。事実関係の解明のためとはいえ、専門家からは懸念の声もあがる。」

もちろんセクハラであるなら問題だが

セクハラ

 はっきりいえば森友や加計学園疑惑事件よりもはっきりと拒否反応を示す世論からは、政権としても更迭して矛先が政権に向くことを避けたいということがあり、この批判を無視できない状況に陥っています。音声が一人歩きもしています。

 何故、財務省がこのような方法をとったのか、福田氏が民事訴訟まで提起すると言ったのか、その真意はわかりません。
セクハラ「福田財務次官」の迷走 財務省は安倍総理に、なぜ楯突くのか」(デイリー新潮)
 読みましたが、今ひとつピンときません。福田氏の「反省」も一応、両立しうるからです。

 もちろん処分でなく、政権運営のために更迭すること自体は問題ありません。この場合は人事異動と言ってもよいですが、しかし、新潮の報道だけを根拠に処分ということになると、やはりその処分となる事実についての精査が不十分です。

 財務省が被害にあった女性記者から事情を聞きたいとするのは、処分を行う上では不可欠といえます。週刊新潮の報道だけで処分することができないのは当然です。週刊新潮側の報道は伝聞でしかないというだけでなく、その情報源は現時点では誤報であろうと売れればいいというだけの「週刊誌」にすぎませんから、処分という不利益を課すのであれば適正手続きとしての事実確認は必要です。

 だからセカンドレイプというのはやはり違います。
 野党からの財務省に対する追及ではこういった批判の声が大きいようですが、私はそういった批判の仕方はすべきではないんだろうと思います。

 はっきりいえば福田氏の問題はそれはそれとして財務省が調査を進めていけばよく、財務省の本丸の問題とは全く次元が違うわけなので、野党側がここで批判はトーンを上げてもどうなのかと思います。
 確かにこの問題を財務省が引っ張れば引っ張るほど政権運営に影響を与えるとは思いますが、財務省が調査もしないと言っているなら別ですが、野党が現時点で追及する本丸ではありません。

あわせて読みたい

「福田財務次官セクハラ疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  3. 3

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  7. 7

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  8. 8

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  9. 9

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。