記事

NAFTA再交渉の閣僚協議、19日開催の可能性=メキシコ経済相

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコのグアハルト経済相は16日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、カナダのフリーランド外相との間で、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関する閣僚協議を19日にワシントンで開く可能性があると明らかにした。

グアハルド経済相は、19日のワシントンでの協議の可能性についてフリーランド外相に16日に連絡し、17日にはライトハイザー代表と話す予定だと述べた。

グアハルド氏は、10分野の再交渉が終了または実質的に解決したとした。

ただ、19日にワシントンで閣僚協議が開かれても大きな発表にはならないとの見方も示した。「19日は未解決問題のリストへの取り組みを開始することになる」と説明した。

グアハルド氏はまた、米国の鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限でメキシコが除外されていることについて、メキシコが引き続き除外される場合、メキシコ政府は自由貿易協定を結んでいない国に対し、米国同様の関税を課すことを検討すると述べた。

そうしなければ、メキシコが米国が抑えたいアジアからの輸入の「裏口」となりかねないとの考えを示した。

グアハルド氏によると、メキシコは現在、自由貿易協定を結んでいない国からの一部鉄鋼輸入に15%の関税を課しており、米国の対応に基づき、メキシコ政府は関税を引き上げる必要があるかどうかを検討する必要があるという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    照射問題 新証拠公開で決着図れ

    城内実

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    高校教育に古典は本当に必要か

    Dain

  9. 9

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

  10. 10

    元官僚 プロレスでいい日韓関係

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。