記事

スタバCEOが"惨めな父"を受け入れるまで

行き詰まった現状を打破するにはどうすればいいのか。「プレジデント」(2017年12月4日号)では、4人の識者に「最高の自分」をつくる方法を聞きました。第4回のテーマは「人生を意味のあるものにしたい」。取り上げるのは、スターバックスコーヒーの創業者・ハワード・シュルツ氏と父親の物語です――。(全4回)

トラック運転手として働いていた父親

最先端医療技術企業の経営者からビジネススクールの教授に転じたビル・ジョージ氏は、ピーター・ドラッカーやウォーレン・ベニスを継ぐリーダーシップ研究の第一人者である。実務と研究の双方で大きな業績を上げたジョージ氏は「オーセンティック・リーダーシップ論(自分らしさを貫くリーダーシップ)」を提唱し、その理論はビジネススクールで学ぶ人たちに広く支持されている。ここでは氏の著作『True North リーダーたちの羅針盤』(小川孔輔監訳、林麻矢訳、生産性出版)から、自分の生きてきた道筋を振り返り、「自分らしい」リーダーになるための考え方を紹介する。

画像を見る
ハーバード大学ビジネススクール・シニアフェロー ビル・ジョージ(ロイター/AFLO=写真)

本物のリーダーシップへの旅のはじまりは、自分を理解することです。つまり、自分の人生行路、その試練や挫折です。このことを知れば、自己認識ができ、トゥルー・ノース(編集部注=著者が「人生の基軸」を指して使う言葉)が発見できるのです。

1961年の冬、7歳のハワード・シュルツ(同=スターバックスCEO)はアパートの近くで友達と雪合戦をして遊んでいました。当時、ニューヨーク・ブルックリンにある公営アパートに住んでいて、その7階から母親が呼びました。「ハワード、戻っていらっしゃい。おとうさんが事故にあったのよ」

その事故が彼の人生を決定づけました。家に入ると片足全部をギプスで固定され、ソファに横たわっている父親がいました。トラック運転手として働いていた父親は、仕事中に氷の上で転び、足首を骨折したのです。その結果、職を失い、健康保険の権利も喪失しました。

シュルツは、父親のようにはならないと誓いました。彼が夢見たのは、「父が誇りをもって働ける会社」。従業員を大切にし、健康保険を提供できる会社を作ることでした。将来、世界中の2万1000店舗で19万1000人もの従業員を率いる責任者になるとは、当時は思いもしませんでした。シュルツの人生経験が、スターバックスを世界の代表的なコーヒーハウスに築き上げる動機になったのです。

私が作りたかったのは、父親が働けなかったような会社

「私の動機は、父の惨めな姿です。父は生涯を通じて30もの酷いブルーカラーの仕事につき、不安定な生活しか送れなかった。教育のない人間にはチャンスが与えられなかったのです」と、シュルツは言います。こういった記憶がシュルツを動かして、パートタイムの従業員にも健康保険の権利を与えることにつながったのです。

「このことはスターバックスの文化や価値の形成に、直接つながっています。私が作りたかったのは、自分の父親が働くチャンスを生涯得られなかったような会社です。従業員が大切にされ、かつ尊敬され、出身地・肌の色・教育のレベルを問わない会社です」

貧しい家庭出身の人たちのなかにはそうでない人もいるのですが、シュルツは自分のルーツに誇りを持っています。過去25年間で大成功した事例のひとつに挙げられている彼のビジネス創造の動機は、間違いなく人生経験にありました。

しかし、自分の人生経験の意味を理解するために、彼は考えを深めなければなりませんでした。というのは、彼も自分の過去にまつわる恐れや幻影を避けて通ることはできなかったからです。

父親は「チャンスも尊敬も得られない」と愚痴をこぼした

ブルックリンの街の風景がシュルツの心に焼きついています。自分が育った公営アパートへ娘を連れて行ったとき、彼女はその荒れはてた建物を見て、「どうやって、こんなところで、グレもせずにまともに育ったの?」と、驚きの声を上げました。しかし、ブルックリンで育った経験こそが、ほとんどすべての人といっていいくらい、誰とでも良い関係を結べる人間にシュルツを育て上げたのでした。

彼は少しブルックリン訛りのある言葉で話し、イタリア料理を楽しみ、着心地よさそうなジーンズのいでたちで、どんな人たちにも敬意を払います。自分がどこの出身かということを忘れず、富をひけらかすこともしません。「その日暮らしをする人たちに囲まれて育ちました。望みもなく、休む暇もない人たちでした。その経験は決して忘れません。決して、です」

「幼いときの記憶で、アメリカでは自分がやりたいことは何でもできるのだ、と母に言われ続けたのを覚えています。それが母の信念でした」。一方で、父親はシュルツにまったく逆の影響を与えました。トラックやタクシーの運転手、工場労働者として働いても、年俸が2万ドルを超えることは1度もありませんでした。チャンスも尊敬も得られないと、父親が愚痴をこぼし取り乱していく姿を目にして育ちました。

父親の死後、シュルツは舵を切り替えた

10代のころ、シュルツは父親とよく衝突しました。父親の失敗が恥ずかしかったのです。彼の回想によると、「父は出世していないし、無責任だ、と苦々しく思っていました。頑張れば、もっと成功できたのに」。シュルツは、この生活から逃れようと決心しました。「私をいつも突き動かしていた気持ちのある部分には失敗への恐れがありました。自滅することの意味をわかりすぎるくらいわかっていました」

シュルツの人生で最も悲しい日が訪れました。父親が亡くなったのです。友人に父親との葛藤のあれこれを話しているときに、その友人が言いました。「もしもお父さんが成功していたら、君をここまでかき立ててくれるものはなかったのではないか」。父親の死後、シュルツは思いを改めました。父親は家族に対して正直であり責任感を持っていました。彼は敗北者だったのではなく、世の中のしくみに押しつぶされたのでした。

シュルツは舵を切り替えました。彼の父親がきっと誇りをもって働いたに違いない、そんな会社を作りました。最低保障賃金より多くの賃金を払い、充実した福利厚生を用意し、全社員にストック・オプションを提供することにしました。それは彼の父親が決して受けることができなかったもので、会社の価値に共感してくれる従業員を強く魅了しました。その結果、スターバックス社の離職率は、ほかの同業者に比べて半分未満にとどまっています。

ビル・ジョージ
ハーバード大学ビジネススクール・シニアフェロー
2001年までは最先端医療技術企業メドトロニックの会長兼CEO。01~02年、全米トップ経営者25人の1人に選出された。その後、ハーバード大学ビジネススクール教授に転じ、現在はシニアフェロー。『True North リーダーたちの羅針盤』を含め、リーダーシップ論に関する5冊の著書を持つ。

(写真=ロイター/AFLO)

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    議員が議長に暴言 麻生氏は擁護

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

  6. 6

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  8. 8

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  9. 9

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。