記事

SNSで無邪気にはしゃぐKY妻 夫の仕事に悪影響を及ぼす例も


【SNSで突然、KYを発揮する人がいる】

 2000年代中盤、女子高生のあいだで流行した「KY」とは、その場の空気(Kuuki)を読め(Yome)ずに雰囲気にふさわしくない言動をとる人のことを指した俗語だが、2007年に新語・流行語大賞の候補に選ばれたことで老若男女が知る言葉となった。それから約10年、SNSで無邪気にはしゃぐKY妻が増えたことで、夫の仕事や人間関係にどのような影響が出ているのかについてライターの宮添優氏がレポートする。

 * * *

 森友問題で国会が紛糾する中、野党やマスコミの目は、野党議員が「そもそも問題の発端は夫人にある」と言うように、首相夫人である安倍昭恵氏の一挙手一投足に向けられている。

 問題発覚以前から、昭恵氏は首相夫人として全国各地を飛び回り精力的に市民との交流を図っていたが、それがこのような形で「裏目」に出た感も否めず、安倍首相も”参っている”とも伝えられている。国会で安倍政権が野党だけでなく与党内からも追及される最中にも、昭恵夫人はSNSの更新を積極的に行っている。自身の投稿に書き込まれた「野党のバカげた質問……」といったコメントに「いいね」してしまうなど、脇の甘さもさることながら「KYっぷりが際立つ」と話すのは、大手紙政治部記者だ。

 ところ変わって、こちらは東京都内にある某中小企業の事務所。若い社員数人が一台のパソコンを取り囲み、怒声を上げていた。

「おい、また更新しやがった! なーにがネイルでエステだ……」
「こっちは給料減るわ、残業強いられるわ散々なのに……」
「クソ社長、なめんな!」

 深夜22時、残業時間中に彼らが見ていたのは、上司である「社長」の妻のブログだった。社員のうちの一人、正木優斗さん(仮名・28歳)が怒りに満ちた表情で吐き捨てる。

「景気回復なんて大ウソ! 賃金は上がるどころか、手当て額が縮小されたりサービス残業が増えて、実質的に給与は減っている。なのに”今によくなる”と社員をなだめてごまかす社長。そんな社長の夫人は、ブログで何を食べた、どこに行ったと毎日書き込むなどノンキなもんです。我々が休日出勤しているときにも、出張と称してこっそり家族旅行に行ってたことも件のブログで発覚しました。社長や会社への不信感は募る一方です」(正木さん)

 社会人6年目の正木さんの手取りは月に22万円ほど。身重の妻もおり、生活が「かなりきつい」中、社長夫人の「キラキラ系ブログ」を見る度に腹が立ち、業務へのやる気が削がれていくと話す。実は早い段階で「部下が妻のブログをチェックしている」ことを気づいていたという社長だが、まさか社員のフラストレーションをためる要因になるとは想像していなかったらしい。

 社長夫人はさらに「夫の会社の業績が悪い」「若い社員がだらしない」とまでブログで書いてしまったものだから、社員の不満は爆発したのだった。

「空気が読めないのはまだしも、僕たちを煽ってくるような内容で、さすがにキレましたね。業務内容について詳しく書いてくることもあり、会社の評判にも関わる」

 さすがの社長も夫人に提言したらしく、件のブログはその後ひっそり閉じられたというが「あの夫人ならどこかでやっているはずだ」と一部の社員が「ネットストーキング」するほどに根強く不信感が残っているという。さらに「KY妻」はこんな所にも……。

「弊社の部長夫人が、部長が今日はどこに行った、誰と食事に行った、といちいち詳しくFacebookに上げていました。それをライバル会社の社員がチェックしていたようで、こちらの戦略が丸裸になってしまい……。社の命運を決めるレベルのコンペがあったのですが、部長夫人のFacebookがきっかけとなり、うちは負けてしまったのです」

 部長夫婦は俗にいう「オシドリ夫婦」であったといい、Facebookには夫妻のツーショット写真が数百枚もアップされていた。仲睦まじいのはいいことだが、そこから業務上の秘密がダダ洩れになっていたとすれば、大問題だ。そしてKYっぷりもいかんなく発揮された。

「コンペ後、部長夫人が”こんなところまで見るなんて卑怯”だとか、ライバル会社や受注先企業の悪口をFacebookに書き込んでいました。もはや笑えない事態だと説明し、部長の奥様にはなんとかFacebookを非公開にしてもらいましたが……」

 以前、学校や遊園地、駅やバイト先などでのいたずらをそのままSNSに投稿し、危険だったり違法にもなりかねない内容を非難されて炎上するという出来事が次々と起きた。また、バイト先の業務で知り得た顧客情報を不用意にSNSへ投稿し、解雇された若者もいた。このような事件がいくつもあったのだから、いまさらSNSに何でもかんでも投稿するような人はいないだろうと思ってはいけない。なぜか自分だけは大丈夫だと、世界中から見られる場所に、何でも後悔し続ける人は今でも少なくない。とくに、ある程度の社会的地位になってからSNSに参加している中高年は、不用意な投稿を指摘される機会が少ない。そのため、気づけば大きなトラブルを起こすような使い方を、悪気なく続けているのだ。

 ネットやSNSが普及する以前であれば、身の回りのことを素直にそのまま投稿するのは「無邪気な行為」であったかもしれないが、ネット上での情報発信は、誰がどこでどのような形でチェックしているかわからない。何気ないコメントや書き込み、軽い一言が命取りにもなりうる。

「昭恵さんの(森友・籠池氏への)一言がなければ、こんな問題にはならなかった。首相の”関わっていたら辞めます”発言だって、昭恵さんの一言をけん制するためのもの。まさかあんな些細なことが引き金になり、国を二分する大問題に発展するなんて誰も考えていなかったでしょう」(前出の政治部記者)

 そしてさらに、今度は野党の有力議員がSNS上に「大阪地検の特捜部長が情報をリークしていた」などと書き込み話題になっている。こちらは軽率なのか、KYなのか、それとも興奮やうれしさ余って……ということか。

「自分は大丈夫」と思っているときが、もっとも危険だということを、誰もが胸に刻んでおくべきだろう。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。