記事

はじめての酒 「RTD」がビールに大差つけるのが現状

【悪酔いは禁物】

 市場は常に変遷するものだが、酒類の業界をとってみても10年前は「ひと昔」だ。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
「若者(もしくは日本人)の酒離れ」が叫ばれて久しい。確かに毎年行われる総務省の家計調査でも、「酒類」への支出は、10年前の2007年の調査結果では年間3万9358円だったのが、最新の2017年では3万5896円と1割近く減った。とりわけ、清酒はこの10年で6407円から5218円と2割近く、焼酎も6204円から5654円と1割近く減っている。

 もっともだからといって、即「若者(もしくは日本人)の酒離れ」を声高に叫ぶのにも違和感がある。この10年で明らかに伸びている酒類もあるからだ。

 伸びが顕著なのが洋酒、とりわけウイスキーだ。10年前の家計調査では年間1085円だったのが、1556円と4割以上も伸びている。ワインも2308円(当時の項目はぶどう酒)から2718円と2割近い伸び、当時とは区分が違うものの「チューハイ・カクテル」と「他の酒」 の合計も3065円から3342円と1割近く増えている。

 2016年から2017年にかけての比較で見ても、長らく減少傾向が続いていたビールが9772円から9974円とわずかながら支出が増加。もちろんウイスキーも続伸している。

 背景には「ハイボール市場」の拡大がある。とりわけ好調なのが「Ready To
Drink」と言われる「フタを開けてすぐ飲める飲料」──すなわちハイボールや缶チューハイ市場の拡大だ。サントリーは3月に発表した「RTDレポート2018」内で2017年のRTD市場が対前年比109%で伸長し、10年連続で前年超え。過去最大の市場規模に発展したと発表した。今年も引き続き同程度の伸びが見込まれるという。

 同社の「角ハイボール缶」は前年比27%増の1402万ケースと圧倒的な売れ行きで市場をけん引している。高アルコール飲料市場も各社がアルコール度数6~7%の「第3のビール」を次々に投入。昨年7月に度数7%の「頂(いただき)」を発売したサントリーは今年2月には早くも8%にリニューアルしたアイテムを発売した。

 さらにキリンなどの各社も「ストロング」と言われる9%のチューハイをこぞって発売。愛飲するファンによると「安くてスピーディーには酔っぱらえる」(40代・男性)と好評だ。「つい普通の度数のチューハイと同じ飲み方をしてしまって、酔いつぶれてしまった」(30代・女性)という向きにはぜひ気をつけていただきたいが、コストパフォーマンスを重視する左党から一定の人気を獲得しているのは間違いない。

「RTD2018レポート」では「20-30代が選ぶ、はじめて飲むのに向いているお酒」として「RTD」と回答した人が64.8%で断然トップで、2位の「ビール」(33.9%)に大差をつけた。「はじめて飲む酒」には口当たりのよさも求められる。だがその分飲み手には節度も要求される。

 洋酒市場やRTD市場の拡大によって、外食時だけではなく「家飲み」という形での酒への入り口も広がった。折しも歓迎会や行楽なども増えてくる季節。酒の種類や度数に応じたマナーや飲み方の啓蒙も必要になってくる。本来ならば言うまでもないことなのかもしれないが。

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  2. 2

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  3. 3

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  6. 6

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  7. 7

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  8. 8

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  9. 9

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  10. 10

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。