記事

「悪の自覚」を白状する政権

安倍昭恵が名誉校長になっていなければ、森友疑惑はなかった!
いくら籠池夫妻が強引に官僚を騙そうとしても、「胡散臭い奴」でおしまい。門前払いだ。
安倍昭恵の名が公文書になければ、財務省も「改ざん」などしなかった。これも確実だ。
この「昭恵発」のアッキード事件という見解は、どう産経新聞やエセ保守論壇やネトウヨが詭弁を弄しても、揺るがない真実である。

同様に安倍晋三と加計孝太郎が「腹心の友」でなければ、加計学園事件も発生しなかった。
国家戦略特区=首相〈縁故主義〉特区ではない。
加計ありきで、縁故主義と疑われることを、首相は恐れたのだ。
首相秘書官が「記憶の限り会ってない」と言うのも、縁故主義の真実がバレる恐れを感じるからだ。

悪の自覚があるから嘘をつく。
悪の自覚があるから記憶をなくす。
首相も秘書官も悪の自覚を持っている。
悪の自覚があるから文書を隠す。 

すでに首相も秘書官も官僚も、全員「悪の自覚」を白状しているのである。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。