記事

やはり財務省職員を背任に問うのは無理筋ではないか

今朝の報道が事実ならば、私が当初からSNSやインターネット放送などで「森友学園をめぐる国有地取引で財務省職員を背任に問うのは無理筋ではないか」と述べてきたが、その方向になりそうだ。

理由として記事では、大阪地検特捜部が

『▽ごみの処理による開校の遅れを理由に、学園が国に損害賠償を求める意向を伝えた。

▽売買契約後にごみ問題でトラブルにならないよう、国に賠償請求できない特約が盛り込まれた、などの点を重視。

値引きの背景には、ごみの処理の問題や賠償請求を避ける意味合いが一定程度あったとみている』

とある。

3月19日の予算委員会質疑でもこの点に触れたが、取引の過程をつぶさに見ればこうした結論になる蓋然性がある。

なお、メディアの報道はこうした重要な質疑を無視している。

そして、公文書の書き換えはあってはならないことだが、罪に問えるかという点が現行法制では難しいのではないか、と私は述べてきた。

これについては、記事でも

『虚偽公文書作成罪は、権限を持つ者が文書の趣旨を大幅に変えることが成立要件となるが、改ざんが明らかになった14の決裁文書では、契約の方法や金額など根幹部分の変更はなく、特捜部は交渉経緯などが削除されるなどしても、文書の本質は変わらないと判断したとみられる』とある。

まさに現行法制ではそうなってしまうのである。

しかし、それで公文書の書き換えが許されるわけではない。

公文書管理のあり方について法改正も含め取り組んでいかなくてはならない。

検察の捜査にもメドがつきそうである。

財務省は徹底調査し、国民に洗いざらい包み隠さず話すべきだ。

『<公文書改ざん>佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず』(毎日新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000006-mai-soci

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。