記事

ついに居酒屋も禁煙の時代へ!?串カツ田中、ほぼ全店禁煙6月から 「喫煙ルームの設置も検討していない」

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、飲食店では屋内禁煙の動きが強まっている。これまでに大手外食チェーン店の「ロイヤルホスト」「マクドナルド」などが実施しているが、居酒屋も例外ではなくなりそうだ。

居酒屋チェーン店の串カツ田中は、6月1日から全席禁煙化、また一部店舗は階に応じて喫煙・非喫煙を分けるフロア分煙化を行う。対象店舗は立飲み3店以外の約180店。同社は「ほぼ全店で禁煙化するのは、居酒屋チェーンでは初となります」とコメントしている。

「店舗で働く従業員の受動喫煙もなくなり、労働環境も改善すると考えております」

公式サイトをキャプチャ
公式サイトをキャプチャ

禁煙化に踏み切った背景は、子ども連れへの配慮や、東京五輪に向けた受動喫煙防止対策の実施などがある。

串カツ田中は現在、ほぼ全店で全席喫煙可な上、利用客には愛煙家も多いという。しかし、子供連れの家族客も多く、喫煙可の店内に違和感を覚える意見は多く上がっていたという。

今年4月から施行された「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」では、都民の責務として「いかなる場所においても、子どもに受動喫煙をさせることのないよう努めなければならない」と記されている。現在都内に構える92店舗に条例の内容を反映させ、「お子様サービスを充実している串カツ田中の在り方を再検討」したという。

同社は、全面禁煙化で「店舗で働く従業員の受動喫煙もなくなり、労働環境も改善すると考えております」とコメント。更に

「店内の面積は平均約66平方メートルと狭いため、喫煙ルームを設置することは現時点では検討しておりません」

と、本格的な禁煙化を実施する方針を明らかにしている。今回の取り組みについては

「新しい客層を取り込むきっかけだと期待しつつ、既存のお客様にも今まで以上に楽しんでもらえるサービス向上に取り組んで参ります」

と述べていた。

あわせて読みたい

「喫煙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。