記事

FBのアルゴリズム変更後、フェイクニュースや偏ったコンテンツが減ったのか

1/2

 フェイスブック(FB)への批判は高まる一方である。フェイクニュースの発信・拡散だけではなくて個人情報の不正流用問題も大っぴらになり、メディアや規制当局からのFBたたきが一段と激しくなっている。

 特にニュースパブリッシャーは、彼らのプラットフォーマーでもあるFBに対して、自らのメディアを通して、1年少し前から厳しく糾弾し続けていた。それに合わせてニュースパブリッシャーのFB離れが進んだせいなのか、この1年間、FBからパブリッシャーサイトへのトラフィックが減り始めている。

 ただ、トラフィックが減り続けている要因としては、どうもニュースパブリッシャーのFB離れが進んだというよりも、FBが繰り返すニュースフィードのアルゴリズム変更が効いたようだ。でも昨年までのアルゴリズム変更などの対策でニューストラフィックを絞り込んできているのに、フェイクニュースなどの信憑性の無いコンテンツが相変わらず蔓延させているとの非難の声は収まらなかった。

 そこで、FBのマーク・ザッカーバーグCEOは新年早々に、ニュースフィードでは友達のコンテンツを優先し、メディアコンテンツの表示頻度を減らしていくことを示唆していた。実際に今年1月中旬からアルゴリズムを大幅に改変し、メディアのニュースコンテンツは信頼できるパブリッシャーの優れた記事に絞ってニュースフィードに表示していくことにした。そのアルゴリズムの変更で、米国の代表的なニュースパブリッシャーがどのような影響を受けていくのかが注目されていた。

FBをたたく一方で、FBへの依存から抜け出せないメディア


 まず、米国のパブリッシャーの記事への外部からの参照トラフィックのシェア推移を見てみよう。米トラフィック解析会社Parse.lyが毎日公表している測定結果の過去1年間の推移を図1に示す。FBからニュースパブリッシャーへのトラフィックシェアが、1月中旬のアルゴリズム更新までは明らかに減り続けていた。ところが、アルゴリズム更新以降は、意外にもFBのシェアがわずかだが回復しているのだ。

画像を見る
(ソース:Parse.ly)
図1 パブリッシャーへの参照トラフィックの流入元シェア。


 米国のニュースパブリッシャーは、FB批判を一段と過熱化させているにも拘わらず、実際には相変わらずFBへのニュースコンテンツの投稿に注力していることが垣間見れる。ミレニアル世代に代表される若い人にリーチするソーシャルプラットフォームとなれば、米国ではやはり嫌でも圧倒的な普及と拡散性の高いFBに頼らざるを得ないからである。

 Parse.lyの解析では主要なニュースパブリッシャーが対象となっているので、FBのアルゴリズム改変で大きな打撃を被ったサイトは少ない。残念ながらこの解析からでは、フェイクニュースの状況は読み取れない。そこでトラフィック(ページビュー)シェアではなくて、特定のパブリッシャー別にエンゲージメントの観点でどう変わってきているかを探ってみたい。

本流のニュースパブリッシャーが優遇され、バイラルパブリッシャーが冷遇されている

 その点で、メディア分析会社NewsWhipから毎月公表される調査結果は参考になる。同社は、各ニュースパブリッシャーからFBへ投稿した毎月のニュース記事が獲得したエンゲージメント(いいね!数+コメント数+シェア数)の総計をはじき出している。図2では、nytimes.com、cnn.com、foxnews.comの有力ニュースサイトに極右ニュースサイトのbreitbart.comを加えた4サイトにおける、エンゲージメント総数(total engagements)と月間記事数の推移を、2017年11月から2018年3月に渡って示している。図3はその棒グラフである。

画像を見る
(データソース:NewsWhip)
図2 代表的なニュースパブリッシャーのエンゲージメント総数と月間記事数

画像を見る
(データソース:NewsWhip)
図3 エンゲージメント総数と月間記事数の推移を棒グラフで表示


 nytimes.comなどの有力パブリッシャーが、直近の3月に大幅にエンゲージメント総数を増やしているのが目立つ。中でもcnn.comの急伸ぶりはすさまじい。3月に投稿した5597本の記事が、3600万件以上のエンゲージメント総計を得ている。記事1本あたり7010件ものエンゲージメント(いいね!+コメント+シェア)を獲得したことになる。1カ月前の2月には、記事1本あたりのエンゲージメントが4982件であったので、3月に入ってユーザーの反応が一段とアップしたのだ。3月にはエンゲージメントが10万件を超えたcnn.comの記事が66本も数えたというから、FBユーザーに非常に受け入れられたのは間違いない。さらにFBのアルゴリズム変更が、このようなcnn.comの躍進を後押したとも言えそう。

 次の図4に、エンゲージメント総数の多かったニュースパブリッシャーのトップ25を掲げる。今年3月のランキングである。ここでは英語のニュースサイトが対象になっている。上位には、nytimes.com、bbc.co.uk、washingtonpost.com、theguardian.comのような本流のニュースパブリッシャーが顔を連ねている。少し前までのランキングで上位を占めていたエンターテイメントパブリッシャーやバイラルパブリッシャーの影は薄くなり、トップ25の下位に少し残っているだけである。FBのアルゴリズム変更で、本流のニュースパブリッシャーが優遇され、バイラルパブリッシャーが冷遇されてきていると見てよさそうだ。

 また、偏った記事を連発していた右派ニュースパブリッシャーのbreitbart.comは、1年前まではランキングの10位前後まで上り詰めていたが、この3月には21位に落下していた。一方で、FBは今回のアルゴリズム改変でローカルニュースの優遇もうたっていたが、それに応えるかのように3月にnypost.comがbreitbart.comを追い抜いて20位に初登場したのも興味深い。

画像を見る
(ソース:NewsWhip)
図4 FBでエンゲージメント総数の多いニュースパブリッシャーのトップ25(2018年3月のランキング)


あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。