記事

安倍首相にトドメを刺す中村時広愛媛県知事の見事な記者会見

きのう4月10日の朝日新聞の「首相案件」記録文書のスクープ報道を受けて、その日の夕方に中村時広愛媛県知事が記者会見を開いた。

その記者会見の模様をテレビで見た私は、見事な記者会見だと思った。

これは安倍首相にとって致命的な記者会見になるのではないかとすら思った。

なぜ致命的なのか。

それは、柳瀬首相秘書官(当時)のこれは首相案件だという言葉を記録した文書の存在を認めたからだ。

なぜ見事だったのか。

「職員が文書をいじる必要性はまったくない。(職員を)全面的に信用している」と言い切ったからだ。

これこそがトップに立つ者のあるべき姿だ。

その上で、国が正直に言ったらいいのではないか、と安倍政権に情報公開を求めた。

この中村知事の対応に対し、市民団体らは、備忘録を公開せよ、みずから真実を述べるべきだ、などと批判しているがとんだピント外れだ。

知事は左翼や市民団体たちだけの知事ではない。

愛媛県民の中には保守や安倍シンパの住民もいる。

だからこそ、加計学園疑惑を晴らすべての責任は、それを招いた安倍首相と安倍自公政権だと突き放したのである。

地方の首長としては、これ以上ない勇気ある国家の首長、すなわち首相に対する異議申し立てだ。

この中村知事の記者会見に打てば響くように朝日新聞はメモの全面公開に踏み切った。

おりから前川前文科省事務次官は柳瀬秘書官の「首相案件」という言葉を聞いて、動かぬ証拠だ、安倍首相の責任は決定的だ、というコメントを出した。

前川前次官がきっかけをつくり、中村愛媛県知事がとどめを刺す。

もし、そうなれば、加計学園疑惑騒動も、日本の政治史にとって意義ある事件だったという事になる(了)

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    人を傷つけないROLAND名言に支持

    NEWSポストセブン

  6. 6

    元自衛官 海自の中東派遣に疑問

    佐藤正久

  7. 7

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  8. 8

    インフル流行防ぐ予防接種の役割

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  10. 10

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。