記事

部活廃止発表の河村名古屋市長「部活の民営化だがや」

1/2
部活廃止で案じられる「教育格差の拡大」

【部活廃止で案じられる「教育格差の拡大」】

名古屋市教育委員会が3月5日、市立小学校におけるすべての部活動を2021年3月をもって廃止すると発表し、激震が走っている。

名古屋市教育委員会の野村直弘氏が語る。

「2017年から学校にタイムカード制度を導入したことにより、過労死ラインといわれる月80時間以上、勤務時間外に学校で仕事をしていると明らかになった。それにもかかわらず教員には超過勤務手当が支給されないことが法律で定められており、現状、時間外労働は無償で行われています」

タイムカードによって教員の激務が可視化されたことから、業務内容の見直しが始まり、教員の負担を減らすため、部活動廃止となった。もし本当に日本中で部活が廃止となれば、さまざまな問題が懸念される。まず案じられるのは「教育格差の拡大」である。都内の公立小学校の教員が言う。

「今は同じクラスのなかに英語、水泳、プログラミングまで習い事のおかげで習得している子供と、親に放置されてひらがなすら書けないまま入学してくる子供が同席しています。この格差を授業で埋めるのが教員の仕事だと頭ではわかっていますが、実際に行うのはなかなか難しい」

これまではそうした格差を部活が埋めていた面がある。部活問題に詳しい島沢優子氏が言う。

「日本の部活は公教育のなかで誰でも運動や文化活動を楽しめる制度として海外から高く評価されてきました。経済的に余裕のない家庭の子供でも、部活があるからテニスや吹奏楽などを経験できた。部活がなくなってしまえば、お金がないと活動する環境や道具が必要な音楽やスポーツは経験できなくなる。教育格差がさらに広がるはずです」

実際に「部活でなければ陸上をやっていなかった」と語るのは、北京五輪陸上5000m・日本代表の小林祐梨子さん(29才)だ。

「もともとスポーツは苦手だったから、クラブチームに入って、お金を払ってまでスポーツをやりたいとは思わなかった。学校で気軽に入れる部活だったからこそ、チャレンジできたのです。何の気なしに入った部活が私を五輪にまで連れて行ってくれた」

学力や運動能力と並んで子供たちが身につけるべき能力が「コミュニケーション能力」だ。現に文部科学省は「コミュニケーション教育推進会議」を設置して教育現場でこの能力を育むことを目指すが、実はそれを支えてきたのは部活というシステムだ。

「部活動の中で、部員同士が協力し合って目標に到達するプロセスから学ぶことは多い。部活動という“学び場”が失われることは、子供たちのコミュニケーション能力を育む大きなツールを手放すことになるわけです」(島沢氏)

◆非行防止の面もあったが…

そして、最も心配されるのは、部活がなくなることで「空白の時間」が生じて、“帰宅部”となった子供たちが放課後を持て余すことだ。

「部活でエネルギーを発散することで、非行の防止につながっている面もある。部活がなくなっても裕福な家庭の子は塾や習い事に行けるが、そうでない子は時間を持て余してゲーム漬けになったり、街を徘徊したりということも起こりうる」(元小学校教員で教育評論家の親野智可等氏)

部活廃止は子供たちだけの問題ではなく、母親らにとっても「死活問題」だ。都内の50代母親が言う。

「息子は中高のテニス部に育ててもらったようなもの。夫婦共働きだったため、放課後は部活の先生に任せっぱなしでした。また、上下関係に厳しい部活だったから礼儀や先輩とのつきあい方なども学ぶことができた。家庭では教えられないことばかりで、もし部活がなかったらと思うとゾッとします」

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  4. 4

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  5. 5

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。