記事

メキシコが対米協力を再検証、強気姿勢求める世論受け

[メキシコ市 9日 ロイター] - メキシコ政府は9日、米国との協力関係を全ての側面から再検証する方針を明らかにした。不法移民の問題などでトランプ大統領が同国への敵対姿勢を鮮明にしているため、けん制した格好だ。

ペニャニエト大統領は8日、閣僚らに検証を指示。ビデガライ外相は、国境警備や移民問題、貿易、麻薬カルテル対策での協力などが見直しの対象になると述べた。

外相は、協力関係を停止あるいは縮小するとの決定はまだ下されていないと語ったうえで、対米姿勢の厳格化を求める世論の高まりを受け、行動を取る必要があったと説明した。

「重要なのは、言葉だけで終わらせないことだ。この姿勢は実際の結果を伴う必要がある」と強調した。検証は「数週間」続く見通しで、その後、ペニャニエト大統領が米国との相違を基に決断を下すと述べた。

米ホワイトハウスはコメント要請には国務省が応じるとしたが、同省からこれまでのところ返答はない。

トランプ大統領が前週、メキシコ国境の警備に州兵派遣を指示したことに関し、ペニャニエト大統領は国内事情の「欲求不満」をメキシコに押し付けるべきではないと強く反発していた。

トランプ氏は州兵派遣に先立ち、人権団体が組織した中米諸国からの移民の「一団」が米国を目指して移動しているとのニュースを受け、メキシコが不法移民に「無策」であることを批判していた。

メキシコは7月1日に大統領選を控えている。与野党の主要候補全員がトランプ氏の対メキシコ政策を批判している。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。