記事

食べるまで1カ月かかるサラダがバカ売れ

1/2
ファミリーマートで大ヒットした「育てるサラダ」。買ってから食べるまで1カ月もかかる異色の商品だ。これまでの業界の常識をひっくり返してしまうような、まったく新しいコンセプトの商品はどうやって生まれるのだろうか。その開発秘話に迫る――。

※本稿は、本多利範『売れる化』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

■まだ見ぬ新商品、発想転換の新商品

新しい商品を開発する際、考えるべき可能性は2つあります。

ひとつは、これまで店で扱ったことがないまったく新しい商品です。これまでもさまざまな商品やサービスがコンビニに登場してきました。コンビニにはマルチプリンターや、銀行ATMがあります。宅配便や郵便局の一部機能も備えてあります。

これらは単純な小売業として存在していた頃のコンビニの姿からは考えられないサービスです。お客さまが「こんな商品がコンビニに置いてあるといいのに」と考えているような商品もあれば、誰もが思いもしない、けれども登場したとたん「これを待っていた!」と膝を打つような商品がまだあるはずで、それを探さなくてはなりません。

2つ目は、かつてやってみたけれどあまり売れなかった商品です。時期尚早だったり、売り方が間違っていたせいで当時は売れなかった商品も、こちらのやり方を再検討したり、世の中の嗜好が変化することで、再度ニーズが出てくるものもあります。その2つのケースを満たすものとしては、コンビニとドラッグストアの一体型店舗が挙げられます。実は「コンビニで薬を売ってほしい」という要望は、かなり以前からありました。急に頭やおなかが痛み始めたり、目薬をちょっと買いたい時など、近所のコンビニに置いてあれば便利なのに、という気持ちはとても理解できます。

画像を見る
『売れる化』(本多利範著・プレジデント社刊)

実際に2009年に薬事法が改正されたことで、ネットやコンビニでも一部の薬を売れるようになり、私たちも参入したことがあります。しかし、これにはなかなか難しい課題もありました。コンビニで薬を販売する許可が国からおりたとはいえ、そこには条件があります。コンビニは24時間営業です。

24時間店を開け、24時間いつでも薬を売れるようにしたいならば、24時間常に薬剤師か一般用医薬品を販売できる登録販売者を置かなければなりません。しかし全国にあるコンビニ全店に足る薬剤師や登録販売者を確保することは不可能で、事業拡大につながらなかったのです。

いったん諦めかけた薬の販売ですが、その後、ドラッグストアとの一体型店舗という形を模索し、ついに実現しました。実はドラッグストアチェーンの中にも、コンビニのような商品をそろえたいと試行錯誤しているところがあったのです。

あわせて読みたい

「ファミリーマート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  2. 2

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  3. 3

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  4. 4

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  5. 5

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  6. 6

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  7. 7

    世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

    舛添要一

    10月24日 16:21

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  10. 10

    岸田政権、総選挙後は維新の協力不可欠 菅前首相に頭を下げる展開も

    NEWSポストセブン

    10月25日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。