記事

米高齢白人層の共和党離れ進む、中間選挙でトランプ氏苦戦か

[9日 ロイター] - 2016年の米大統領選でトランプ氏の勝利を支えた、教育水準の高い高齢の白人有権者が、今年に入って急激に共和党支持から民主党支持へと鞍替えしていることが、ロイター/イプソスの世論調査で明らかになった。

この流れが続けば、共和党は11月の中間選挙で議会での過半数議席の維持に苦戦し、トランプ氏は法案の成立が困難になりそうだ。

ロイターとイプソスが今年1─3月に実施した全国調査によると、大学を卒業した60歳以上の白人層では、民主党支持が共和党支持を2ポイント上回った。2016年同期は共和党支持が民主党支持を10ポイント上回っていたため、民主党側に数字が12ポイント動いた計算となり、過去2年間で最大級の変動を示している。

バージニア大学のラリー・サバト氏(政治学)は「高齢の白人は共和党の中核的な支持層だ。本当にこの有権者層を失えば、共和党は大きな津波にさらされるだろう」と指摘。「この傾向が(中間選挙が行われる)11月まで続けば、共和党は終わりだ」

このような支持者離れについて、共和党全国委員会のマクダニエル委員長は堅調な資金集めを引き合いに出し、同党が激戦州で選挙活動に力を入れていると強調。「われわれは1票たりとも軽んじてはいない」と声明で語った。

ニクソン政権時代から共和党を支持してきたというアリゾナ州ツーソン市在住のジョン・カムさん(63)は、11月の中間選挙では民主党議員に1票を投じると話す。健康保険や税制改革において、共和党の方針に賛成できないという。また、党が反対している銃規制措置をカムさんは支持している。

「自分は穏健な共和党支持者だ。しかし、党はそこから離れていっている。だから、穏健な民主党議員に入れる」とカムさんは語った。

医療に不安を感じているのはカムさんだけではない。過去2年間のロイター/イプソス調査によると、最も関心の高い問題として医療を挙げた高学歴の高齢層は8%から21%へ3倍近く増加している。

高学歴の高齢層は投票率が高いことを考えると、共和党離れの影響はあなどれない。彼らは激戦州でも相当な割合を占めている。

彼らの投票動向によって、激戦が予想される26の選挙区の結果が決まる可能性がある。ロイターが米国勢調査データを分析したところ、高学歴の高齢層はこうした選挙区で約5─10%を占めていることが明らかとなった。民主党が下院を支配するには24議席必要となる。

*内容を追加します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  4. 4

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  5. 5

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。