記事

大谷翔平 女房役から学んだ落ちる球とスペイン語の二刀流

画像を見る

アメリカでも自然体(AFP=時事)

 投手としては初登板初勝利、2試合目には7回1死まで無安打12奪三振、打者としては初打席初安打、そして出場2試合目から3試合連続本塁打。メジャーリーグで鮮烈な二刀流デビューを飾ったエンゼルス・大谷翔平(23)。

 オープン戦の不調からは見違えるような活躍。決め球にスプリットを多投し、打席ではすり足打法に切り替えるなど、投打ともに対応能力の高さを証明した格好だが、記者の間では“女房役”の存在も好調の一因と指摘されている。

「捕手のマーティン・マルドナード(31)との相性がすこぶるいい。スプリットを思い切って投げ込めたのも彼のアドバイスが大きかった。マルドナードは努力家で知られ、大谷の入団決定後は、すぐに球団に頼んで日本時代の大谷のビデオを取り寄せて球筋を研究したそうです。

 キャンプ地のアリゾナで変化球が上手く決まらなかった時も“乾燥した気候の影響だから”とフォローして修正させた。大谷も“低めの落ちる球をそらさず丁寧に捕球してくれる”とコメント。すでに心強い存在になっている」(現地記者)

 元ヤンキースのホルヘ・ポサダ、モリーナ3兄弟など名捕手を輩出してきたプエルトリコ出身。昨季はゴールデングラブ賞を獲得し、「捕手出身のマイク・ソーシア監督は全幅の信頼を置いており、メジャー最高の守備型捕手との呼び声も高い」(同前)という。

 大谷の学習能力の高さは野球の技術だけでなく、コミュニケーション面でも別格だという。

「英語だけでなく、プエルトリコの公用語であるスペイン語ももの凄いペースで覚えているようだ。積極的にディナーへ出かけ、若手選手たちと会話をしている。マルドナードとのミーティングでもスペイン語を使い始めているようです。メジャーには中南米出身の捕手が多いから、きっとこれからのメジャー人生で役に立つ」(別の現地記者)

 日本人投手のパイオニア、野茂英雄にはマイク・ピアザという名“女房”がいた。大谷―マルドナードはそれを超えるコンビとなるだろうか。

※週刊ポスト2018年4月20日号

あわせて読みたい

「MLB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。