記事

高島屋、19年2月期は9期ぶりの営業減益予想 先行投資負担増

[東京 9日 ロイター] - 高島屋<8233.T>は9日、2019年2月期の連結営業利益が前年比15.1%減の300億円になるとの見通しを発表した。日本橋高島屋ショッピングセンターやタイのサイアム高島屋の開業コスト、グループ変革プロジェクトに伴う経費増などが減益要因となる。減益となるのは9期ぶり。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト6人の営業利益予測の平均値は369億円となっており、会社計画はこれを下回った。

木本茂社長は会見で「成長に向けた投資により、19年2月期は費用が先行する」と説明した。ただ、今期の投資効果が見込めるため、20年2月期の営業利益は360億円と、回復軌道に戻る見通しにある。

グループ変革プロジェクトでは、経営の仕組みを抜本的に見直す。システム基盤の再構築や組織改革を行い、商品改革や金融業改革などにつなげていく。19年2月期は費用が先行するが、20年2月期からは削減効果が投資を上回る計画。

百貨店の消費を取り巻く環境として、株価の弱含みや円高が懸念される。木本社長は「現時点で直接的に富裕層の購買に影響は出ていない。個人消費の環境は、決して悲観的には見ていないが、米中の貿易摩擦で株安になったり、為替円高で輸出産業に影響が出ることなどは、やや懸念している」と述べた。19年2月期のインバウンド売上高は560億円(前年比15.1%増)を見込んでいる。

18年2月期の連結営業収益は同2.8%増の9495億円、営業利益は同3.9%増の353億円となった。営業利益は会社計画の360億円は下回った。訪日外国人による化粧品が伸びているほか、株高による資産効果で、高額品の消費も好調に推移し、国内百貨店は計画を超える増収増益となった。ただ、子会社の高島屋スペースクリエイツの減収の影響などから、連結営業利益は計画未達となった。インバウンドは前年比41.6%増の487億円だった。

同社は、2023年2月期の営業収益が1兆0330億円、営業利益が500億円の長期計画を発表。インバウンドは830億円を見込んでいる。

(清水律子)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。